テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1094話】「万事を休息す」 2018(平成30)年5月11日-20日

住職が語る法話を聴くことができます

1094.jpg お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1094話です。
 正式な医学用語ではないそうですが、「5月病」という言葉があります。4月に進学・入学・転勤などで、大きく環境が変わった人は、懸命にそれに順応しようとします。しかし、大型連休で緊張の糸が切れてしまうのでしょうか。この時期いわゆる「5月病」といわれる、環境の変化に適応できずに、精神的に不安定になる人が増えます。
 人は5月ばかりではなく、常に精神的肉体的な負担となるストレスを抱え込んでいます。ストレス指数をご存知ですか。結婚もストレスで50という指数です。これを基準として数値が少ないのは、夫婦喧嘩48、引越し47、子どもの受験勉強46、定年退職44、長期休暇35などがあります。一方最大のものは配偶者の死83、以下会社の倒産74、親族の死73、離婚72、病気・怪我62、300万以上の借金61と続きます。
 バラ色の人生の象徴のような結婚も、十分にストレスの対象になっています。日頃休んでストレスを解消したいと誰でも思うでしょうが、長期休暇となれば、先行きに不安を感じてしまうのでしょうか。立派なストレスの数値が示されています。
 さて、私たち曹洞宗の教えの根本は坐禅です。曹洞宗を開かれた道元禅師は、坐禅を勧めるために著わされた『普勧坐禅儀(ふかんざぜんぎ)』の中で次のようにお示しです。「諸縁を放捨し、万事を休息して、善悪を思わず、是非を菅すること莫(なか)れ」あらゆる縁や付き合いなどすべてを手放し捨てて、あれやこれや思い煩う心の活動を休んでみなさい。物事の善し悪しといった相対的な分別からも離れなさい。要するに何もかも捨てきって捨てきって、捨てるという意識すら捨ててしまいなさいということでしょうか。たいへん厳しくも、究極のところを説いています。
 坐禅をすればみんな、そのような境地になれますかと問われれば、正直答えに窮します。まずは坐禅をしてみてください。勿論何かを求めるために坐るという、「ため」が入ってはだめです。ここにも「諸縁の放捨」と「万事の休息」が必要です。本来の坐禅の在り様に思いを致すと、これまたストレスになってしまいそうですが・・・。
 たとえば、「体」という漢字から「一」を取ると「休む」という漢字になります。それをある人がこう言いました。「体が疲れたら一息つくよね 息抜きが必要だから 『体』から『一』息抜いて 『休』むんだね」。一年中大人も子どももストレスで疲れています。ちょっとしがらみを置いて、一息ついて体を休めてください。少し落ち着いたら、坐禅を組んでみませんか。そこは、一息どころか、万事が休息できる世界です。
 ここでお知らせ致します。4月のカンボジア・エコー募金は、181回×3円で543円でした。ありがとうございました。
 それでは又、5月21日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1195話】
「10年ひと昔」
2021(令和3)年3月1日~10日

news image

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1195話です。 「10年ひと昔」という言葉は、一時代前ということです。しかし東日本大震災に限っては、10年前も今も、つながっている現在と思わなければならないのでしょう。そんな2月13日に起きた震度6の「東日本大震災の余震」です。それでも時の流れは確かで、現在の小学生のほとんどは、大震災のことを実感としてわからない世代です。 さ... [続きを読む]

【第1194話】
「10年目の余震」
2021(令和3)年2月21日~28日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1194話です。 「平成28年熊本地震」は、4月14日午後9時26分に震度7を記録しました。その2日後の午前1時46分にも震度7の地震が発生。震度7が2度も続くのは史上初めてといわれました。そして前に起きたのが「前震」で、後からのが「本震」だったというのです。震度7もの地震が、次に起こる地震の前... [続きを読む]

【第1193話】
「吾唯足知」
2021(令和3)年2月11日~20日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1193話です。 「吾唯足知(われ ただ たるを しる)」という4つの漢字には、全て「口」という字が含まれています。穴あき硬貨のように真ん中に「口」を置き、それを囲むように上から右回りに、「吾 唯 足 知」という4文字を配置した粋なデザインを見たことはありませんか。 「足るを知る」とは「少欲知... [続きを読む]