テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1090話】「高級ブランド」 2018(平成30)年4月1日-10日

1090.jpg お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1090話です。
 自分の家畜と他人の家畜を間違えないように焼印を押すことを「ブランド」と言います。それから派生して銘柄・商標の意味になりました。現在では特に高級品として有名な商品の象徴として「ブランド」が使われています。
 イタリアの高級ブランドに「アルマーニ」というのがあります。東京・銀座の中央区立泰明小学校では、今春の新1年生からの「標準服」に、そのアルマーニを導入することになりました。標準服とは制服ではないが、着用が「望ましい」というものだそうです。
 一式で4万円を超え、現行の2倍以上。任意のバックやセーターなどを全てそろえると、8万円を超えるそうです。国会でも値段の高さが取り上げられたほどです。しかし校長先生は「本校の保護者であれば何とか出せるんじゃないかと思う」と言っています。どのような生活を営んでいる保護者を指して言うのでしょうか。何かハレの日におめかしをするのならともかく、老婆心で言えば、いつも高級ブランドを身にまとっていては、子どもらしくはしゃぐこともできない気がします。第一、小学1年生に高級ブランドの価値を、どの程度判断できるのでしょうか。
 さて、4月8日はお釈迦さまのお生まれになった日です。入学式と同じ時期であることと重ね合わせて、仏教徒としても、心を新たにする思いです。お釈迦さまは今から2500年程前に、釈迦族の王子として生まれました。母のマーヤ妃がお産のため実家に帰る途中、ルンビニーの花園で休息した時、そこでお生まれになりました。天の龍王が祝福の甘い香りの雨を降らせ、それでお釈迦さまが産湯につかったといわれています。お寺では花まつりと称して、花御堂を作り、誕生仏に甘い雨に因んだ甘茶をかけて、誕生をお祝いします。
 当然、誕生仏は裸のお姿です。右手で天を左手で地を指さし、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と言われたとも伝えられています。この宇宙の中で、自分の命が一番大事であると同じように、すべての存在が尊いのだという宣言でもあります。
 人は誰でも生まれた時は裸です。成長と共に様々なものを身にまとっていきます。外見上の整え方は、ある程度簡単です。条件が許せば小学1年生からでも、高級ブランド品で着飾ることもできます。人はどうしてもその外見に囚われます。しかし、裸で生まれてきた自分を常に想像してみることです。そして自分ばかりではない、みんな裸だったと更に想像してみることです。そうすると一人ひとりの命が、くっきりと浮かび上がります。そして「天上天下唯我独尊」という宣言が、何にも勝る高級ブランドに思えてきます。
 それでは又、4月11日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1162話】
「ゾウさんの縁」
2020(令和2)年4月1日~10日

news image

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1162話です。 お釈迦さまの母マーヤ夫人(ぶにん)は、白い象が体の中に入る夢を見て、お釈迦さまを身ごもったと伝えられています。当時は白い象が夢の中に出てくるのは、尊い方が生まれる証と信じられていました。そして、出産のため里帰りをする途中、ルンビニーの花園で、にわかに産気づき、お釈迦さまをお産みになりました。2500年程前の4月8... [続きを読む]

【第1161話】
「その始まり」
2020(令和2)年3月21日~31日

news image

住職が語る法話を聴くことができます 永六輔さんの色紙 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1161話です。 「ひとつの文字がその始まり・・・」という歌詞で始まる「ひとつの心」という歌で、コンサートの後半が始まりました。徳泉寺復興感謝祭5DAYSの第1日目のやなせななコンサートでのことです。それは東日本大震災から9年の3月11日に、津波で流出した徳泉寺本堂が再建された... [続きを読む]

【第1160話】
「かすり傷なんだから」
2020(令和2)年3月11日~20日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1160話です。 東日本大震災より9年が経ちました。1日1日はあっという間に過ぎてしまうのに、1年1年はとても長く感じられました。1日だけで振りかえると、1ミリも復興に進んでいないのに、もう日が暮れたというもどかしさがありました。1年毎に被災地を見渡せば、あと何年経ったら普通の生活に戻れるのだろ... [続きを読む]