テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第898話】「難行苦行」 2012(平成24)年12月1日-10日

住職が語る法話を聴くことができます

898.JPG お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第898話です。
 「難行苦行」は仏教用語です。お釈迦さまは29歳の時、この世の苦しみを想い、みなの幸せを願って出家します。当時多くの修行者が、苦行林で行っていた苦痛を伴う苦行という修行法を、6年間続けられました。しかし、納得できるものではなく、何ら安らぎを得ることはできませんでした。必ずしも苦行が正しい修行でないと感じ、苦行林を出ます。尼連禅河(にれんぜんが)で沐浴をし、村の娘より乳粥の供養を受けて、菩提樹の下で坐禅をなさいます。坐禅三昧になって8日目の朝、即ち12月8日に明けの明星をご覧になり、お悟りを開かれます。道を成就したということで「成道(じょうどう)の日」といわれています。
 「難行苦行」とは、お釈迦さまのように、苦難に耐えてする修行を言います。転じて、ひどい苦労をすることをも意味します。この度の東日本大震災で被災した人々にとっては、あれから難行苦行を重ねている日々です。しかし、それは修行ではありません。たまたま遭遇した災難です。修行なら自らの意志で、行うこともやめることもできます。災難は自分の力の及ばないところもあります。
 お釈迦さまが、苦行が正しい修行でないと思われたように、この度の災難が尋常でないことは、誰にも明らかです。辛うじて難を逃れた私たちは、少しずつ平静を取り戻していかなければなりません。これからの真の復興を願うとき、いかなる試練も乗り越えようという強い意志が求められます。それこそが他人事ではなく、我がこととして行う修行ともいえます。
 震災当時の明日をも知れない混沌としていたころは、心穏やかではなく、悲しみと不安でいっぱいでした。今はその状態よりは好くなっているはずです。村娘の乳粥の供養のように、多くの人々からの支援をいただき、窮状からの回復はある程度果たせました。さてこれからの、坐禅三昧ならぬ復興三昧の気概や如何。
 坐禅を始めるとき「欠気一息(かんきいっそく)」といって、背筋を伸ばし、下腹に力を入れて、大きく息を吐き出します。頭に血が上っている時などに、気持ちを落ち着かせるのに役立ちます。先ずは様々な世間のしがらみを、すっかり吐き切って下さい。自分中心の想いだけで復興を考えても、事がうまく運びません。冷静になって世の中全体を見渡す心の広さが必要です。
 世の中が冷静でいられなかった時から1年9カ月。いまこそ欠気一息して、心静かに行く末を見つめてみましょう。お釈迦さまが、明けの明星をご覧になって、「世の中のすべてはお互いに支えあっている」そして「すべては変わっていく」ということを悟られました。この教えをかみしめながら、明け方に東の空を見上げて下さい。ひときわ輝く星が見えます。その星を道しるべとして、苦行を復興という偉業に結び付けましょう。
 それでは又、12月11日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1148話】
「空しく施す」
2019(令和元)年11月11日~20日

news image

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1148話です。 オウンゴールとは、サッカーで誤って、自分のチームのゴールにボールを入れて、相手の点数になることで、昔は自殺点とも言いました。 この度の萩生田光一文部科学大臣の「身の丈」発言は、まさにオウンゴールです。来年度からの大学入試共通テストでの英語民間試験の活用導入を見送ることになったからです。それは民間に丸投げして、英... [続きを読む]

【第1147話】
「ソプラノの声」
2019(令和元)年11月1日~10日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1147話です。 たとえば、誤ってグラスを落として割ったとします。驚いて大きな声を出すことでしょう。しかし、大きな声でグラスを割ることができるとしたら、もっと驚きです。ソプラノ歌手でその声をもって、グラスを割った人がいるそうです。想像を超えた神技のレベルでしょうか。 さて、先日行われた第... [続きを読む]

【第1146話】
「水の怖さ」
2019(令和元)年10月21日~31日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1146話です。 伊豆地方で住職をする私の先輩は、台風19号の天気予報を聴いて、寺の過去帳とおにぎり5個を須弥壇に供えたそうです。気象庁が「1200人以上犠牲者が出た狩野川台風に匹敵する」と報じたからです。狩野川台風は先輩が小学3年の昭和33年9月26~28日にかけて、伊豆半島をかすめて、東海・... [続きを読む]