テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第860話】「1・2・3・4スタート」 2011(平成23)年11月11日-20日

住職が語る法話を聴くことができます

 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第860話です。20111111-01.jpg
 「普通のことが普通でなくなり、普通でないことが普通になった」。これは東日本大震災後にある人が言った言葉です。これまでにない異常なことを日々見たり聞いたりしていると、全くその通りと思ってしまします。そして今怖いのは、こういう時だからと言って、何もかも取り止めたり、縮小していると、それが当たり前という感覚で、日常化してしまうことです。今が特別に異常な時と思うことは大事です。それは今だけで、いつかは普通に戻さなければならないという意識を常に持つべきでしょう。
 大震災発生時には停電になり、電話も不通になりましたが、一週間程だったので、10日に一度のこのテレホン法話は、何とか継続できました。勿論こんな時だからこそ、法話をする意義があるだろうから、途切れさせたくはないと願っていました。普通でない時に、できるだけ普通に振る舞うものがあってもいいはずだとの思いでした。実は毎年行っている「テレホン法話ライブ」も6月12日に開催する予定で、準備を進めていたところに大震災が起きました。さすがにそのライブは、予定通りに行うことは不可能でした。6月18日は大震災より百カ日目で、犠牲者の供養が連日行われていました。
 やがて秋になり、多少は世の中が落ち着いてきました。おかげさまで延期していた「第5回テレホン法話ライブ」を10月30日に開催できました。例年通りに普通に開催したいとは言っても、この時期です。内容は当然の如く大震災に因んだものになりました。大震災復興支援ソングの『まけないタオル』を歌っている「歌う尼さん」ことやなせななさんがゲストです。山元町はじめ各被災地で、歌を歌って「まけないタオル」を被災しているみなさんにお配りしてきた様子の話には、みなさん涙ぐんでいました。歌うことでしかみなさんに寄り添えないけど、一緒に歌いましょうと、『ふるさと』と『まけないタオル』を合唱すると、みなさんは涙から笑顔に変わり、普通の表情を取り戻したかのようでした。20111111-02.jpg
 たまたまですが、10月30日は3月11日の大震災より234日目でした。それ以上の意味はありません。ただ2・3・4と数字が並ぶことに気づきました。それなら、ついでながら1を入れて、1・2・3・4としてみたくなりました。つまり、大震災から1234日目ということです。それは平成26年7月24日になります。大震災発生から約3年4カ月後です。このぐらいの期間で、普通のことを普通にできるまでに復興することは可能ではないでしょうか。そうしなければなりません。そのためには、「こんな時だから」と思うことはあっても、それを呑みこんで、普通の意識を呼び戻す努力は必要ではないでしょうか。来る平成26年7月24日には、新しい気持ちで1・2・3・4スタートと行きたいものですと、ライブの会場でみなさんに呼びかけたことでした。
 ここでご報告致します。10月のカンボジア・エコー募金は、236回×3円で708円でした。ありがとうございました。
それでは又、11月21日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1136話】
「迷う紫陽花」
2019(令和元)年7月11日~20日

news image

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1136話です。 梅雨の真っ只中ですが、インドでも同じように夏の雨季の時期があって、その間僧侶は外出をすると、草木や虫などを踏み殺すということで、一カ所に留まって修行しました。それを安居(あんご)といいます。安心の「安」と居住の「居」と書きます。現在でも我々が道場に籠って修行することを、安居と言っています。 さて、どう... [続きを読む]

【第1135話】
「毛がない本尊」
2019(令和元)年7月1日~10日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1135話です。 東日本大震災で、本堂等すべてが流された徳泉寺の本尊・お釈迦さまは、奇跡的に無事発見されました。幸いなことに、徳泉寺の本寺である徳本寺の本堂で仮安置されることになりました。そして奇跡の本尊「一心本尊」さまが、全国デビューしたのは、平成25年12月31日のこと。NHKの... [続きを読む]

【第1134話】
「虹梁」
2019(令和元)年6月21日-30日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1134話です。 「犬走り」や「鴨居」「蝶つがい」など、生き物の名前を入れて、建物を造っている日本建築にゆかしさを感じます。更に、寺院建築には、虹の梁と書いて「虹梁」と呼ばれる部分があります。柱と柱の間に渡される梁の一種で、緩やかに湾曲した形になっています。まるで、虹が架かっているかのよう... [続きを読む]