テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第763話】「もうろう」以前にもどろう2009(平成21)年3月1日-10日 以前にもどろう2009(平成21)年3月1日-10日

 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第763話です。
 ローマでの主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)に出席した中川昭一財務・金融大臣は、会議後の「もうろう会見」の責任を取って辞任しました。「もうろう」の原因は、薬の飲み過ぎなのか、アルコールのせいなのかは、明らかになりませんでした。
 しかし、その後に判明した事実では、その会見の15分後にバチカン博物館を観光したそうです。足取りはフラフラ、言葉もはっきりしない状態のままです。あろうことか、立ち入りが制限されている場所に入ったり、触ってはいけない展示品を素手で数回触ったために、警報が鳴ったというのです。不景気対策も忘れた財務大臣の、とんだ「ローマの休日」だったようです。
 最近話題になる、「品位」も「品格」もあったものではありません。でもそれは、もしかしたら現代の日本人を象徴していることなのかもしれません。何がしかの「力」を誇示し、「おれは何でもできる」「実績を残せば何をやってもいいだろう」という驕りがあるからです。困ったときの神頼みはしても、力があるときに、神も仏も見えていません。自分がこの世で一番偉いとばかりに、神仏に対する畏れを忘れた姿です。所謂、宗教的拠りどころを軽視している人が増えていないでしょうか。
 一方、1月に行われたアメリカの大統領の就任式で、バラク・オバマ氏は、ミシェル夫人の持つ聖書の上に左手を置き、右手をかざして「合衆国大統領の職務を忠実に遂行する」と宣誓しました。しかも2度もです。本番の就任宣誓の時、立ち会ったロバーツ最高裁長官が、「宣誓の言葉」の語順を間違えたため、大統領もそのまま復唱してしまいました。法律上は「有効」という見解だったようですが、「念のため」翌日、宣誓のやり直しをしています。そこには明らかに「神に対する畏れ」があります。
 神の前では、大統領といえども完璧な人間ではありません。その意識があるからこそ、非力ながら完璧を目指して努力しますので、見守って下さいという心を込めて誓うのでしょう。至らず暴走するようなことがあったら、どうか「ブレーキ」をかけて下さいということでしょうか。それは取りも直さず、ブレーキをかけてくれるものによって、自分は守られているということになります。
 あなたは今、何によって守られていると思いますか。自分の力だけを信じた人は、もうろうとしてしまいました。「もうろう」以前に「もどろう」として、今更、神仏に誓って、お酒は慎みますと言っても、そんないい加減な言葉は「誓う」とは言いません。それは「違う」と言われるのがオチです。
それでは又、3月11日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1218話】
「二面石」
2021(令和3)年10月21日~31日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1218話です。 先般、奈良県明日香村にある天台宗の橘寺をお参りする機会がありました。付近に聖徳太子が生まれた場所があります。橘寺も聖徳太子が建てた寺院のひとつです。当然の如く本尊には、聖徳太子像を祀ってあります。建立年代は不明ですが、「日本書紀」に寺の存在が記されているので、1500年以上の歴史があるようです。 そこに「二面石... [続きを読む]

【第1217話】
「品位(ひんい)と品位(ほんい)
2021(令和3)年10月11日~20日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1217話です。 「皇室経済法6条」には、皇族が身分を離れる際には、品位保持のため一時金を支給する旨が定めれています。渦中の眞子さまが小室さんと結婚するにあたり、その一時金を辞退しました。1憶3725万円という額です。「小室家の金銭トラブル」ゆえのことなのでしょう。二人の結婚の意思は固いものの、... [続きを読む]

【第1216話】
「念仏」
2021(令和3)年10月1日~10日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1216話です。 「念仏申すより田を作れ」という諺があります。極楽往生を願って念仏を唱えるより、田んぼに出て米を作れということで、直接利益になることに精を出せということでしょう。我が町には各地区ごとに念仏講がありましたが、今や風前の灯となってしまいました。米の収穫が増えたからではなく、念仏講員が... [続きを読む]