テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1092話】「値打ちのある長寿」 2018(平成30)年4月21日-30日

住職が語る法話を聴くことができます

1092.JPG お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1092話です。
 両親なしにこの世に生まれてきた人はいません。誰でも2人の親がいます。その親にもそれぞれ両親がいますので、4人の祖父母となります。その4人にも両親がいますから、曾祖父母は8人になります。こうして5代遡って先祖の数を合計すると、62人になります。
 さて、お檀家のとし子さんは、12人兄妹の一番上として生まれました。大正4年のことです。先月末104歳の天寿を全うされました。晩年の数年間は施設にお世話になりましたが、生涯を通じてかくしゃくたる人生を送ったことは、自他ともに認めるところです。魚よりも肉料理が好きだったとのことですが、それも長生きの要因だったのでしょうか。
 そのお葬儀には、大勢の方が参列されました。それもそのはずです。とし子さんは7人の子どもに恵まれました。そして、孫は14人、曾孫(ひまご)は28人です。更に玄孫(やしゃご)が2人です。直系の親族だけで51人になります。5代遡った先祖の合計は62人と言いましたが、直接出会える先祖はせいぜい10数人でしょう。とし子さんは4代先までの子孫51人を、その腕に抱くことができたのです。
 孫さんがいる方は想像してみてください。玄孫とは孫の孫を言います。その子に巡り合えるのは稀でしょう。葬儀の導師として長生きの方を何人もお見送りしましたが、玄孫に見送られた方は極わずかです。長生きだけでは実現できません。良い巡り合わせの循環があって、初めて叶うことです。
 遺族の方はおっしゃっていました。「母は今、とても安らかな表情をしています。まるで眠っているかのようですで、また目を開けて笑ってくれるのではないかと思えるほどです。それはきっと、母が自分の人生に満足していた証なのでしょう」。正真正銘の大往生を目の当たりにした思いです。
 「老いが死の恐怖を弱めるのは確かでしょう。それだけで長寿は値打ちがある」とは、学哲学者鶴見俊輔の言葉です。私たちは、数えきれない先祖の血や想いを受け継いでいると思えば、生きる意味も力も湧いてきます。更にとし子さんの場合は、自分の血や想いを受け継ぐ、多くの子孫の笑顔に囲まれて暮らしてきたのです。そのことの満足と、たとえ自分が亡くなっても、こんなに大勢の子孫につながり生かされていくんだという安心感があったのではないでしょうか。値打ちのある長寿です。
 「恋しくば おのが躰に触れてみよ かたみに残る母の温(ぬく)もり」とし子さんを拝むご遺族の方にとっては、合わせた手のぬくもりの中に、いつも104歳の人生が生き続けることでしょう。
 ここでお知らせ致します。10年間のテレホン法話ライブを紙上再現した『月を流さず―和尚の語り草―』が出版されました。電話ではお伝え出来ない法話に因んだ写真も掲載された読みやすい本です。定価1500円。ご希望の方は徳本寺までお申し込みください。電話0223-38-0320です。ホームページからの場合はこちらをご覧ください。
 それでは又、5月1日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1125話】
「投書というお供え」
2019(平成31)年3月21日~31日

news image

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1125話です。 今年のお正月の松が明けて間もなく、80代の女性の葬儀が仙台でありました。元々徳本寺の近くで生まれ育った方です。晩年ひとり暮らしをするようになってから、仙台にいる妹さんのそばに移り住んでいたのです。正月という時期でもありましたし、故郷を離れてからの歳月もあり、葬儀は極近い身内の方だけで、しめやかに営まれました。 ... [続きを読む]

【第1124話】
「億劫がらずに」
2019(平成31)年3月11日~20日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1124話です。 縦・横・高さが40里もある岩に、100年に一度天女が下りてきて、衣の袖で岩をひと撫でします。その100年一度を繰り返し、やがて岩が摩耗してなくなるまでの時間を1劫といいます。仏教に出てくる時間の単位です。それが億集まって億劫、つまり億劫(おっくう)という言葉になりました。誰しも... [続きを読む]

【第1123話】
「星の玉手箱」
2019(平成31)年3月1日~10日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1123話です。 今から60年も前のこと。「星は何でも知っている」という淡いラブソングが流行りました。歌詞の意味も分からず、ほんとうにお星さまは何でも知っているのだろうかと、子ども心に思ったものでした。逆に私たちは星のことなど何も知らないのです。亡くなった人はお星さまになって、見守ってくれるから... [続きを読む]