テレホン法話
~3分間心のティータイム~

第748話「"いずくない"話」 (2008.10.1-10.10)

4.jpg「うっしょまえ、けっちゃにきてで、いずいごだ」「一丁前に、警察に来たけど、まずいことになった」と言っているのではありません。たとえばシャツなどを、「後ろ前に着ていてしっくりこないよ」と言っているのです。
 これは、徳本寺の彼岸会法要の折、東北放送アナウンサーの藤沢智子さんをお招きし、「残しておきたいおらほの言葉」という講演をしていただきましたが、その中でご紹介いただいた「おらほの言葉」です。藤沢さんは、仙台弁を使うことにより、子どもからお年寄りまで、楽しい会話で豊かなコミュニケーションを築きましょうと、ラジオ番組などでも、広く呼びかけています。
 そして、自ら「『いずい』を全国に広める会」の会長を名のり、仙台弁の代表的な言葉
「いずい」の普及に努めています。よその人には、チンプンカンプンな言葉ですが、私たち地元の者にとっては、実に重宝な言葉です。靴を反対に履いたときや、目にゴミが入ったときの、あのなんともしっくりこない感じを「いずい」の一言で表現できるわけです。
 古くは室町時代、京都で使われていた、「ぞっとする、おそろしい」という意味の「えずい」という言葉に通じるそうです。これは、心の持ちようを表わすときも使われます。お互いの気持がギクシャクして、しっくりこないとき、「いずい」となります。
 そして「いずい気持」の一番の原因は、自分の「我」を通そうとするところにあるのかもしれません。自分の思い通りにならなければ、どうしても気持が治まらないということになります。では、「いずくない心もち」とは何でしょう。
 たまたま10月5日は、禅の教えをインドから中国に伝えられた達磨大使の命日「達磨忌」
です。その達磨大使が中国で、「仏教で説く最高の境地は何ですか」と問われ、「廓然無聖(かくねんむしょう)」と答えられました。簡単に言えば、カラリと晴れわたり、一片の雲もない秋空の如く、何ら執着のない無心の境地のことです。
 私たちの心は、嬉しいにつけ、悲しいにつけ、相手によっても、様々に移り変わります。いつもさわやかな秋空のようにはいきません。その都度「いずい」思いをします。せいぜい仙台弁を駆使して、常日頃のコミュニケーションを深めましょう。"おしょすがらないで"。
エッ「和尚さんたちがどうして泣くんですか」って?いやいや違いますよ。"おしょすがらないで"とは、恥ずかしがらないでということです。
 それでは、又10/11よりお耳にかかりましょう。(「行事のご案内」参照)

最近の法話

【第1226話】
「師弟のナビゲーション」
2022(令和4)年1月11日~20日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1226話です。 「お寺でーす」と元気のいい声が、檀家さんの玄関先に響きました。おそらく檀家さんは、「あれ、今年の年始廻りの和尚さんの声が、ちょっと違うな」と思ったことでしょう。実は昨年縁あって徳本寺に弟子を迎えました。仙台市出身の小林信眼さん27歳です。その彼と一緒に年始廻りして、正月のお札を檀家さんにお配りしたわけです。 信... [続きを読む]

【第1225話】
「虎が転じる福」
2022(令和4)年1月1日~10日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1225話です。 あけましておめでとうございます。今年は寅年ですが、「虎を野に放つ」という諺があります。猛威あるものを野放しにするということです。新型コロナが世界中に猛威を振るっている状況を思わずにはいられません。決して野放しではないでしょうが、対策がウイルスの勢いに追いついていません。丸2年も... [続きを読む]

【第1224話】
「聞声悟道」
2021(令和3)年12月21日~31日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1224話です。 作家の瀬戸内晴美さんは、51歳で出家して、寂聴という名前を授かりました。出家した者は、心乱さずして仏の声を聴くという「出離者は寂なるか、梵音(ぼんのん)を聴く」に由来しているそうです。惜しまれながら、11月9日99歳で亡くなられました。 その輝かしい生涯の中でも、一貫して反戦... [続きを読む]