テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1081話】「ボウに当たる」 2018(平成30)年1月1日-10日

住職が語る法話を聴くことができます

1081.JPG お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1081話です。
 あけましておめでとうございます。子どものころ、お正月にはカルタをしたものでした。「いろはガルタ」ですので、いの一番にあったのが「犬も歩けば棒に当たる」でした。今年は戌年ですが、でしゃばると禍に遭うなどということがないようにしたいものです。今時、野良犬はあまり見かけなくなりました。大抵飼い主に導かれて行儀よく歩いている犬ばかりで、棒に当たるような犬は少ないかもしれません。
 我々人間は「飼い慣らされる」ような生き方では感心しませんが、目的もなくぶらぶら歩くのでは意味がありません。自分で決めた方向に向かって、何の迷いもなく、一歩一歩進むことが大事です。「歩歩清風を起こす」という禅語があります。無心に精進して足を運ぶごとに、まわりをさわやかな風で包む、そんな歩みができたらと思う年の初めです。
 さて、東日本大震災の大津波で本堂等すべてが流されたもう一つの住職地である徳泉寺。その再建のために「はがき一文字写経」を呼び掛けて6年になります。北海道から沖縄まで全国のみなさまから、一枚一枚とはがきが寄せられ、一口5千円の納経志納金が6800口を超え、確実に目標に向かっています。さわやかな風が起きたかどうかは分かりませんが、無心に一歩一歩と復興に進んでいる途上にあります。
 一文字一文字心をこめた写経には、ただ無心に復興を願う祈りが込められています。その祈りのおかげで、昨年暮れ基礎工事に着工することができました。いよいよ今年から、本格的な大工工事が始まります。柱が立ち、屋根ができて、およそ一年後の完成を目指します。
 「棒に当たる」とは、禍のことも意味しますが、幸運にぶつかるという例えでもあります。歩かなければ棒にも当たらないのです。確かに震災直後、何もかもなくなった徳泉寺の跡地に立った時、これからどこに向かって歩けばいいのだろうと思いました。それでも一歩でも半歩でも歩かなければ何も変わらないという気持ちだけは強く持っていました。そして、震災一年後、「はがき一文字写経」で徳泉寺を復興すると宣言しました。それから機会があるごとに呼び掛けてきました。
 遅々とした歩みではありますが、歩き続けて今、希望という「ボウ」に当たったような気がしています。希望の実現のためにも、はがきに一文字写経をして、復興の片を担いでみませんか。本堂再建の暁には、共に喜ぼうではありませんか。
 ここでお知らせ致します。徳泉寺復興の「はがき一文字写経」の当面の目標まで、あと百文字となりました。みなさんの一文字で本堂が建ちます。お心がございましたら徳泉寺復興委員会までお申し込をお願いいたします。 →【徳泉寺ページはこちら】
 それでは又、1月11日よりお耳にかかりましょう。
9977.jpg

最近の法話

【第1124話】
「億劫がらずに」
2019(平成31)年3月11日~20日

news image

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1124話です。 縦・横・高さが40里もある岩に、100年に一度天女が下りてきて、衣の袖で岩をひと撫でします。その100年一度を繰り返し、やがて岩が摩耗してなくなるまでの時間を1劫といいます。仏教に出てくる時間の単位です。それが億集まって億劫、つまり億劫(おっくう)という言葉になりました。誰しもそんな気の遠くなるような時間を考える... [続きを読む]

【第1123話】
「星の玉手箱」
2019(平成31)年3月1日~10日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1123話です。 今から60年も前のこと。「星は何でも知っている」という淡いラブソングが流行りました。歌詞の意味も分からず、ほんとうにお星さまは何でも知っているのだろうかと、子ども心に思ったものでした。逆に私たちは星のことなど何も知らないのです。亡くなった人はお星さまになって、見守ってくれるから... [続きを読む]

【第1122話】
「夢いちごの郷」
2019(平成31)年2月21日~28日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1122話です。 お檀家のある商店が、店じまいをしました。ここ数年のうちに次々店がなくなり、あたりは寂しい通りになりました。そのアスファルト舗装の通りを、昼日中猪の親子が闊歩する光景を見て、元商店主は愕然としたという話を聞きました。猪年だからと言って、しゃれにもならない話です。 東日本大震災前... [続きを読む]