お知らせ

東日本大震災復興祈願法要



東日本大震災復興祈願法要
大震災から10年を振り返り更に前に進む―3.11その先へ―

徳本寺に江戸時代から伝わる大般若経600巻を大勢の和尚さんが転読(扇のように広げて読む)して大震災からの復興を祈願します
大震災で亡くなられた方のご供養も行います
午後2時46分に鎮魂の大梵鐘が鳴り 追悼の御詠歌もお唱えします

 ●3月7日(日)午後2時
 ●徳本寺本堂
  ◇演奏 ―大震災10年の節目に心の復興を願う― 
    大友憧山尺八コンサート     
  ◇復興祈願法要
  ◇大震災物故者慰霊法要
 ●どなたでも参加できます

⇒詳細はコチラ

追悼法要㏌千年塔
日本最大級の古代五輪塔「千年塔」前で、大震災10年の節目に、改めて亡き人を偲び、報恩感謝の想いを届けます。隣は震災遺構となった中浜小学校です。
みなさんでご焼香にお出で下さい

 ●3月11日(木)午後6時30分 読経・焼香
 ●千年塔前広場(旧中浜墓地跡)

和太鼓&津軽三味線による心の復興演奏会
          【宮城県復興支援助成金事業】

 ●3月11日(木)午後1時30分
 ●出演 鼓風☆響
 ●会場 徳泉寺(山元町笠野)
 ●入場無料

⇒詳細はコチラ

お知らせ
news image

-徳泉寺復興誌- 
青空があるじゃないか

東日本大震災で本堂等すべてが流出した徳泉寺。しかし、本尊さまだけが無事発見された。奇跡の本尊「一心本尊」さまの下に、全国47すべての都道府県の方より寄せられた「はがき一文字写経」により、苦節9年を経て再建復興した。如何にして、青空に虹が架かったか、その道のりを写真ともに辿る。

徳泉寺はがき一文字写経
―東日本大震災からの復興―

「徳泉寺 はがき一文字写経」のお申し込みは、徳泉寺のサイトからご応募ください。

徳泉寺

徳本寺テレホン法話

カンボジアの子どもたち

お電話1本で、「3分間法話」を聴くことができます。
毎月3回(1日・11日・21日)に話題が変わります。

昭和62年(1987)に開設以来34年間、休みなく継続して平成27年(2015)10月に1000話を達成。その記念のテレホン法話集『千話一話―3.11その先へ―』も出版されました。
このことは新聞等で広く紹介されました。(河北新報・東京新聞・中日新聞・北陸中日新聞・中外日報・朝日新聞・日本経済新聞・月刊住職)
おかげさまで、全国の方にお聴きいただいております。

3分間聴くと、3円が「エコー募金」になります。
「エコー募金」とは、善い行いを他のために回し向ける「回向(えこう)」(供養)に掛けたもので「カンボジアの子どもたちに絵本を贈る運動」の募金になります。

子どもたちの笑顔がエコー(こだま)のように返ってくることを願って・・・

徳本寺テレホン法話 TEL:0223-38-1717