テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第769話】「草食系」 2009(平成21)年5月1日-10日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第769話です。
 草食動物ならぬ「草食系男子」という言葉があることを最近知りました。恋愛やセックスに縁がないわけではないのに積極的ではなく、いわゆる肉欲に淡白であることを象徴しての「草食系男子」で、20代30代の優しい男性を指すようです。
 その典型のように見られていたのが、アイドルグループSMAPのメンバーの草彅(くさなぎ)剛です。その彼があろうことか、4月23日未明都内の公園内で裸になったとして、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕されました。泥酔状態で、芝生の上にあぐらをかいて座り、1人で意味不明のことを叫んでいたそうです。
 SMAPとしてCDを出していることは勿論のこと、テレビのレギュラー番組を何本も抱え、映画にも主演。CMに至っては、地上デジタル放送普及促進や環境保護の日韓共同キャンペーンの放送から、車・醤油・電話など多岐に亘って関わっています。その影響は少なくありません。本人の芸能活動自粛は当然でしょう。そして、各番組でも内容の差し替えや、スポンサー各社もCM放送等の中止や、ポスターの回収を進めました。
 それにしても、彼に対する何らかの良いイメージが、これまで彼の人気を支えてきたのでしょう。それが一夜の愚行でイメージダウンと見るや、潮が引くようにこぞって、彼のもとを去ってしまいます。イメージは本人が醸し出していることもあるでしょうが、周りがいつの間にか作っていることもあります。更には本人の意思とは関係なく、決めつけてしまうことだってあります。所詮イメージなど儚く身勝手なものかもしれません。
 「なぜ裸になったか覚えていない」と本人は言います。周りも勝手に詮索すべきではないでしょう。ただ私たちは今、イメージ優先で物事を決めつけている感が強くあります。「草食系」というように「何々系」と称して、自分たちの思い込みで一括りにしてしまうことがあります。自分の個性と自分に対するイメージに隔たりがあったとしたら、ストレスが溜まらないこともないでしょう。
 草彅という名前から連想して、「草食系」と言われたわけでもなく、そのイメージのために、芝生に座っていたわけでもないでしょう。華やかな存在の陰で、人には言えない辛いこともあるのかもしれません。みなさんもそんな時は、是非「ソウショク」の方に相談して下さい。ここで言う「僧職」とは僧侶の職にある我々のことです。
それでは又、5月11日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1162話】
「ゾウさんの縁」
2020(令和2)年4月1日~10日

news image

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1162話です。 お釈迦さまの母マーヤ夫人(ぶにん)は、白い象が体の中に入る夢を見て、お釈迦さまを身ごもったと伝えられています。当時は白い象が夢の中に出てくるのは、尊い方が生まれる証と信じられていました。そして、出産のため里帰りをする途中、ルンビニーの花園で、にわかに産気づき、お釈迦さまをお産みになりました。2500年程前の4月8... [続きを読む]

【第1161話】
「その始まり」
2020(令和2)年3月21日~31日

news image

住職が語る法話を聴くことができます 永六輔さんの色紙 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1161話です。 「ひとつの文字がその始まり・・・」という歌詞で始まる「ひとつの心」という歌で、コンサートの後半が始まりました。徳泉寺復興感謝祭5DAYSの第1日目のやなせななコンサートでのことです。それは東日本大震災から9年の3月11日に、津波で流出した徳泉寺本堂が再建された... [続きを読む]

【第1160話】
「かすり傷なんだから」
2020(令和2)年3月11日~20日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1160話です。 東日本大震災より9年が経ちました。1日1日はあっという間に過ぎてしまうのに、1年1年はとても長く感じられました。1日だけで振りかえると、1ミリも復興に進んでいないのに、もう日が暮れたというもどかしさがありました。1年毎に被災地を見渡せば、あと何年経ったら普通の生活に戻れるのだろ... [続きを読む]