テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第769話】「草食系」 2009(平成21)年5月1日-10日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第769話です。
 草食動物ならぬ「草食系男子」という言葉があることを最近知りました。恋愛やセックスに縁がないわけではないのに積極的ではなく、いわゆる肉欲に淡白であることを象徴しての「草食系男子」で、20代30代の優しい男性を指すようです。
 その典型のように見られていたのが、アイドルグループSMAPのメンバーの草彅(くさなぎ)剛です。その彼があろうことか、4月23日未明都内の公園内で裸になったとして、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕されました。泥酔状態で、芝生の上にあぐらをかいて座り、1人で意味不明のことを叫んでいたそうです。
 SMAPとしてCDを出していることは勿論のこと、テレビのレギュラー番組を何本も抱え、映画にも主演。CMに至っては、地上デジタル放送普及促進や環境保護の日韓共同キャンペーンの放送から、車・醤油・電話など多岐に亘って関わっています。その影響は少なくありません。本人の芸能活動自粛は当然でしょう。そして、各番組でも内容の差し替えや、スポンサー各社もCM放送等の中止や、ポスターの回収を進めました。
 それにしても、彼に対する何らかの良いイメージが、これまで彼の人気を支えてきたのでしょう。それが一夜の愚行でイメージダウンと見るや、潮が引くようにこぞって、彼のもとを去ってしまいます。イメージは本人が醸し出していることもあるでしょうが、周りがいつの間にか作っていることもあります。更には本人の意思とは関係なく、決めつけてしまうことだってあります。所詮イメージなど儚く身勝手なものかもしれません。
 「なぜ裸になったか覚えていない」と本人は言います。周りも勝手に詮索すべきではないでしょう。ただ私たちは今、イメージ優先で物事を決めつけている感が強くあります。「草食系」というように「何々系」と称して、自分たちの思い込みで一括りにしてしまうことがあります。自分の個性と自分に対するイメージに隔たりがあったとしたら、ストレスが溜まらないこともないでしょう。
 草彅という名前から連想して、「草食系」と言われたわけでもなく、そのイメージのために、芝生に座っていたわけでもないでしょう。華やかな存在の陰で、人には言えない辛いこともあるのかもしれません。みなさんもそんな時は、是非「ソウショク」の方に相談して下さい。ここで言う「僧職」とは僧侶の職にある我々のことです。
それでは又、5月11日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1257話】
「失敗こそ」
2022(令和4)年11月21日~30日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1257話です。 「失敗のない人生は、それこそ失敗でございます」知恵ある老人の言葉として、作家の森まゆみさんが新聞で紹介していました。山ほど失敗を重ねてきたわが人生は、あの失敗がなければと、後悔しきりです。それでも一つだけ誇れる失敗があります。 大本山總持寺で修行を始めて間もない頃です。修行道場の中枢ともいうべき僧堂でその失敗が... [続きを読む]

【第1256話】
「テレホン法話で六根清浄」
2022(令和4)年11月11日~20日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1256話です。 「お寺のイメージが私の中ではくつがえされました。参加出来たことに感謝致します」これは先月徳本寺で行われた第16回テレホン法話ライブのアンケートに寄せられたある女性の声です。因みにその方は、友人に誘われてお出でになり、これまでテレホン法話を聴いたことはなかったようです。 観光寺... [続きを読む]

【第1255話】
「亡き人の耳と目と」
2022(令和4)年11月1日~10日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1255話です。 「死人に口なし」とは言いますが、死んでも聴覚だけは最後まで残るそうです。昔、老僧から言われました。「目を落としたら、できるだけ速やかに、出来れば、まだ身体にぬくもりが残っている間に枕経を挙げなさい。死んでも耳は聞こえているのだから」 生死をさまよった人が、自分の名前を呼ぶ声が... [続きを読む]