テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1034話】「琴線感覚」 2016(平成28)年9月11日-20日

住職が語る法話を聴くことができます

1034.jpg お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1034話です。
 「永さん、私が亡くなったら、葬儀委員長を務めると言っていたのに、当てが外れてすみません」と、黒柳徹子さんは語り始めました。先月30日東京の青山葬儀所で行われた永六輔さんのお別れの会でのことです。60年来の友人ということで、発起人代表の黒柳さんが、真っ先にお別れの言葉を述べました。
 永さんとのこれまでのご縁で、私もご案内をいただき参列致しました。司会の北山修さんから、次々とお別れの言葉を述べる方が紹介されます。下重暁子さん、久米宏さん、中山千夏さん、遠藤泰子さん小林亜星さんなど錚々たる方が、永さんとの濃密な時間の一端を披露し、故人を偲んでいました。みなさんは一様に、永さんのいない世の中はつまらない、こんな時代だからこそ、もっと永さんに生きていて欲しかったというような想いを伝えていました。
 現代は様々な災害が日常的に起き、争いの絶えない世の中です。身体の不自由な方は、普段でも弱い立場にあります。事が起これば、更に追い打ちをかけられることがあります。永さんは、そんなとき弱い立場の人たちにも、すぐに手を差し伸べられるようにと、「ゆめ風基金」を作り、障害のある方へのボランティアにも力を尽くしました。便利さや数字を追い求めることが、生きるすべてではないよ、見過ごされていることにもっと目を向けようよと、いつも警鐘を鳴らしていました。
 親族を代表して、娘の永麻理さんは「本日は本会場に入りきれない方は、第二会場にも大勢参列をいただいております。本会場の方には申し訳ありませんが、父がこの場にいたら、きっと第二会場の方により心を向けていたはずです。父はいつも不自由を強いられている方や弱い立場の方を支えたいという生き方をしていました」と挨拶なさっていました。
 永さんの言葉に「文明は、人間がここまで出来るということを示し、文化は、ここまでやってはいけないと教える」というのがあります。私早坂文明は、ここまで出来るという何ものも示すことはできません。しかし、世の中は今お聴きいただいている電話をはじめ、文明の利器は進化し続けています。ロボットに人間と同じような感情を吹き込むことさえ可能になるかもしれません。さて、僧侶たる早坂文明はどのように対応したらいいのか、永さんにお聴きしたいのですが、もう叶いません。
 お別れの言葉の最後は、ピアノ演奏に合わせて歌うジェリー藤尾さんの「遠くへ行きたい」でした。歌い終わってジェリーさんは言いました。「だめだ、泣けちゃったよ」。確かに歌の後半は、声が上ずっているように聞こえました。永六輔さんが作詞した歌という文化がこれだと思いました。人は、心の琴線に触れる行いを目指し、琴線を錆びつかせない「琴線感覚」を養うことで、人間らしさを見失わずにいられるのでしょう。
 ここでお知らせ致します。8月のカンボジア・エコー募金は、226回×3円で678円でした。ありがとうございました。
 それでは又、9月21日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1201話】
「皆勤賞」
2021(令和3)年5月1日~10日

news image

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1201話です。 私の中学高校時代には、無遅刻無欠席者には皆勤賞、遅刻はしたが無欠席者には精勤賞というのがありました。私は6年間無遅刻無欠席で皆勤賞になり、記念に18金のネクタイピンをいただきました。卒業年度の1968という数字も刻印されています。 こんな手前味噌の話をしたのは、4月3日の河北新報に掲載された仙台市の木村大志さん... [続きを読む]

【第1200話】
「島田さん」
2021(令和3)年4月21日~30日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1200話です。 「新聞でお名前見てると看護士が95歳の心を癒やす」島田啓三郎。これは2月28日の河北新報の歌壇に載った歌です。島田さんは私のもう一つの住職地徳泉寺の檀家さんで、総代を勤めいただいたこともあります。しかし、去る2月25日に数え年97歳で旅立たれました。その3日後の新聞掲載だったの... [続きを読む]

【第1199話】
「サクラサク」
2021(令和3)年4月11日~20日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1199話です。 東日本大震災の大津波で何もかもが流され、もはや元の姿に戻ることはできないと諦めの気持ちでした。ある朝、鶯の声が耳に入ってきて、我に返ったのです。こんな時にも自然は変わらず営み続けている。それから季節の移ろいをメモするようになりました。季節を感じることで、悲惨な現状に流されまいと... [続きを読む]