テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1091話】「始める」 2018(平成30)年4月11日-20日

1091.jpg お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1091話です。
 彼が子どもの時分、初めて自分で靴下を履いた時、両足で45分もかかりました。ほんとうに大変だった。大きな戦いだったと言います。現在32歳のカイル・メイナードさんです。冒険家ですが、両手足がないのです。
 カイルさんは、先天性四肢欠損症という体で生まれました。生まれながらにして、腕は肩から肘まで、足は付け根から膝までしかありません。靴下も親が履かせてあげた方が、ずっと簡単で時間もかからなかったでしょう。しかし、親も待つという辛抱を選んで、子どもには何事も自分でできるように育ててきました。
 小学校時代からフットボールチームに所属し、11歳からレスリングを始めています。チームメイトも対戦相手もみんな健常者です。高校1、2年生の時、レスリングの試合はすべて負けました。36試合連続で負けて、毎回震えるほど怖かったけれど、いつか勝ってやろうと、決して諦めませんでした。
 初めて勝って気づきます。勝負の決め手は自分に自信があるかどうかで、相手の資質の問題ではないということを。以来、高校3年生では連勝を収め、全米高校リーグで12位と躍進します。ウェイトリフティングでも記録を出すなど、健常者を凌ぐ実績を残しています。
 そして、2011年無謀ともいえる計画に挑戦します。アフリカ大陸最高峰キリマンジャロへの登頂です。5895メートルを登るためにチームが結成され、入念な準備と過酷なトレーニングをこなしていきます。手と足の部分がないカイルさんが山を登るには、二足歩行ではなく、水泳のクロールのようにして、地べた、急斜面を這いつくばっていくしかないのです。怪我もして、岩と氷河の壁とも戦いながら、登山開始9日目の2012年1月15日ついに山頂を制覇しました。
 カイルさんは言います。「できるようになる唯一の方法は、始めることだからね」。確かに宝くじも、買わなければ絶対に当たりません。頭の中であれこれ思い描いたり、悩んだりしていても、行動が伴わなければ、結果はついてきません。勿論始めたからには、結果が出るように、工夫努力を怠らないことです。
 カイルさんに較べて、靴下を掃くことひとつをとっても、私たちは何事も始めやすい境遇にあることでしょう。だからでしょうか、結果が出るまえに諦めて、また次のことを始めてしまいがちです。「できないという多くの原因は、できない時のけじめを考えずに始めているから」とも言えます。新しい季節、何か始めていますか。まじめに結果を目指しましょう。
 ここでお知らせ致します。3月のカンボジア・エコー募金は、211回×3円で633円でした。ありがとうございました。
 それでは又、4月21日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1162話】
「ゾウさんの縁」
2020(令和2)年4月1日~10日

news image

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1162話です。 お釈迦さまの母マーヤ夫人(ぶにん)は、白い象が体の中に入る夢を見て、お釈迦さまを身ごもったと伝えられています。当時は白い象が夢の中に出てくるのは、尊い方が生まれる証と信じられていました。そして、出産のため里帰りをする途中、ルンビニーの花園で、にわかに産気づき、お釈迦さまをお産みになりました。2500年程前の4月8... [続きを読む]

【第1161話】
「その始まり」
2020(令和2)年3月21日~31日

news image

住職が語る法話を聴くことができます 永六輔さんの色紙 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1161話です。 「ひとつの文字がその始まり・・・」という歌詞で始まる「ひとつの心」という歌で、コンサートの後半が始まりました。徳泉寺復興感謝祭5DAYSの第1日目のやなせななコンサートでのことです。それは東日本大震災から9年の3月11日に、津波で流出した徳泉寺本堂が再建された... [続きを読む]

【第1160話】
「かすり傷なんだから」
2020(令和2)年3月11日~20日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1160話です。 東日本大震災より9年が経ちました。1日1日はあっという間に過ぎてしまうのに、1年1年はとても長く感じられました。1日だけで振りかえると、1ミリも復興に進んでいないのに、もう日が暮れたというもどかしさがありました。1年毎に被災地を見渡せば、あと何年経ったら普通の生活に戻れるのだろ... [続きを読む]