テレホン法話
~3分間心のティータイム~

第749話「申し子たち」 (2008.10.11-10.20)

 今から25年前、野球の申し子のような二人の少年が運命的な出会いをしました。二人共、ピッチャーとしての素質もバッターとしてのセンスも、人並み以上のものがありました。しかし、ひとりは相手の投げる球を見て、こんなすごいピッチャーがいるのかと驚き、ピッチャーになることをあきらめました。もうひとりは、相手のバッティングを見て、とても敵わないと思い、ピッチャーとしてやっていくことを決心しました。
 ピッチャーをあきらめた選手の名前は、清原和博。バッターよりピッチャーを選んだ選手の名前は、桑田真澄。こうして二人はPL学園で、1年生から4番打者、エースとして活躍。高校時代の甲子園に、5回連続ですべて出場し、二度の優勝、二度の準優勝を果たしました。
 清原選手の甲子園通算13本塁打は、最多記録ですし、桑田選手の甲子園通算20勝は戦後最多です。その上、清原選手は甲子園でも、プロになってからも何度かマウンドを踏んでいますし、桑田選手は甲子園で6本もの本塁打を放っていますが、これは清原選手に次いで2番の記録です。
 しかし、運命の出会いは、運命の別離を用意していました。高校卒業時、巨人ファンだった清原選手は巨人入りを熱望。当然巨人からも指名があると思っていました。結果は皮肉にも、大学進学を表明していた桑田選手が巨人から指名され、清原選手は悔し涙で西武に入団。
 彼はその涙をバネに、打率304、本塁打31本で新人王を獲得。翌年は、日本シリーズで因縁の巨人を破って、涙の日本一に輝きました。10年後FA宣言で、憧れの巨人に入団するも、怪我などに泣くこともしばしば。それでも大舞台での勝負強さは光っていました。桑田選手とて、巨人での活躍に満足することなく、果敢なるチャレンジ精神で、大リーグ入りも果しました。
 運命の別離でお互いを避けるのではなく、アイツがいたからこれまで野球ができたと思い合ってきた二人。野球の神様がこの二人に授けたもう一つの才能は、どんな不遇にあっても、恨まず相手を思いやり、向き合っていく心の広さではなかったのでしょうか。ある人が言いました。"才能とは、逃げ出さないこと"
 奇しくも二人は、今年現役を引退しました。同級生が20年以上プロ野球の現役を続けたのは史上初だそうです。野球の神様は二人にこんなことを言うかもしれません。「野球の申し子と言われ、長い間の活躍ごくろうさま。もう仕事をしなくていいから、ゆっくり休みなさい。」
 その桑田選手が、当世寺子屋講座にやって来ます。10月25日午後2時、山元町中央公民館大ホールです。
 それでは、又10/21よりお耳にかかりましょう。(ホームページ「行事のご案内」を参照)

最近の法話

【第1148話】
「空しく施す」
2019(令和元)年11月11日~20日

news image

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1148話です。 オウンゴールとは、サッカーで誤って、自分のチームのゴールにボールを入れて、相手の点数になることで、昔は自殺点とも言いました。 この度の萩生田光一文部科学大臣の「身の丈」発言は、まさにオウンゴールです。来年度からの大学入試共通テストでの英語民間試験の活用導入を見送ることになったからです。それは民間に丸投げして、英... [続きを読む]

【第1147話】
「ソプラノの声」
2019(令和元)年11月1日~10日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1147話です。 たとえば、誤ってグラスを落として割ったとします。驚いて大きな声を出すことでしょう。しかし、大きな声でグラスを割ることができるとしたら、もっと驚きです。ソプラノ歌手でその声をもって、グラスを割った人がいるそうです。想像を超えた神技のレベルでしょうか。 さて、先日行われた第... [続きを読む]

【第1146話】
「水の怖さ」
2019(令和元)年10月21日~31日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1146話です。 伊豆地方で住職をする私の先輩は、台風19号の天気予報を聴いて、寺の過去帳とおにぎり5個を須弥壇に供えたそうです。気象庁が「1200人以上犠牲者が出た狩野川台風に匹敵する」と報じたからです。狩野川台風は先輩が小学3年の昭和33年9月26~28日にかけて、伊豆半島をかすめて、東海・... [続きを読む]