テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1198話】「唯我独尊」 2021(令和3)年4月1日~10日


 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1198話です。

 仏教ではお釈迦さまにゆかりのある3つの聖なる木「三大聖木」というのがあります。お釈迦さまがお生まれになった時の無憂樹、お悟りを開かれた時の菩提樹、そしてお亡くなりになられた時の沙羅双樹です。

 お釈迦さまの母マーヤ夫人(ぶにん)は、出産のための里帰りの途中で、ルンビニの花園に立ち寄りました。そして花の咲く枝に右手をかけた途端に産気づき、お釈迦さまをお産みになられました。紀元前463年の4月8日と伝えられています。その枝は、マーヤ夫人が何の心配もなく安らかに出産したことから、憂いの無い樹「無憂樹」と名付けられました。実際はアショーカというマメ科の植物で、インドでは出産・誕生・結婚に関わる「幸福の木」と言われます。

 大いなる祝福を受けたお釈迦さまは、生まれてすぐ「天上天下唯我独尊」と叫ばれました。直訳すれば、この世で私だけが一番尊いという事になります。まさかと思うかもしれませんが、ちょっと想像してみて下さい。確かにどんな赤ちゃんでも、生まれてすぐ口を利くわけはありません。ただ「オギャー」と泣くだけです。その時まわりはどうなりますか。すべての手を休めて、赤ちゃんにくぎ付けになります。泣き止むようにと、あらゆる手を尽くします。そこは赤ちゃんひとりの天下です。赤ちゃんより尊い存在はいないのです。

 そう思えばお釈迦さまの「天上天下唯我独尊」という言葉も何となく納得できませんか。何となくではなく、はっきり理解しましょう。「唯我独尊」は「唯だ私だけが尊い」という自惚れではなく、「唯だ、我、独りとして尊し」と理解すべきでしょう。何も持たず裸でこの世に生を受けた命そのものが尊いという事です。誰かと比べてとか、何かの条件によって優劣があるのではなく、命そのままが尊いのです。それはお釈迦さまも私たち一人ひとりも、みな同じく尊い存在なのですよというお諭しです。

 さて、時恰も世界中で新型コロナウイルス感染が続いています。その感染者数は1億2673万人を超え、死者は277万人に及びます。コロナ以前は漠然と地球上には何十億という人類が存在していると思っていました。しかし、一人ひとりが命ある存在だという意識には至っていませんでした。ところが、世界中のコロナに感染した人の数字を見るにつけ、国や人種を超え老若男女の区別もなく、その命にコロナが侵略していることを実感させられます。図らずもコロナという脅威は、世界中の一人ひとりの命の尊さを浮かびあがらせることになりました。

 お釈迦さまの唯我独尊を、尊い自分の命を守るのは勿論のこと、他の命も等しく尊いのだから、同じようにいたわりましょうと受けとめ、今の私たちは感染防止に努めるべきです。アショーカ(アッそうか)!一人ひとりの節度ある心がまえこそが、コロナに対する憂い無き無憂樹なのだと納得しましょう。

 それでは又、4月11日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1226話】
「師弟のナビゲーション」
2022(令和4)年1月11日~20日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1226話です。 「お寺でーす」と元気のいい声が、檀家さんの玄関先に響きました。おそらく檀家さんは、「あれ、今年の年始廻りの和尚さんの声が、ちょっと違うな」と思ったことでしょう。実は昨年縁あって徳本寺に弟子を迎えました。仙台市出身の小林信眼さん27歳です。その彼と一緒に年始廻りして、正月のお札を檀家さんにお配りしたわけです。 信... [続きを読む]

【第1225話】
「虎が転じる福」
2022(令和4)年1月1日~10日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1225話です。 あけましておめでとうございます。今年は寅年ですが、「虎を野に放つ」という諺があります。猛威あるものを野放しにするということです。新型コロナが世界中に猛威を振るっている状況を思わずにはいられません。決して野放しではないでしょうが、対策がウイルスの勢いに追いついていません。丸2年も... [続きを読む]

【第1224話】
「聞声悟道」
2021(令和3)年12月21日~31日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1224話です。 作家の瀬戸内晴美さんは、51歳で出家して、寂聴という名前を授かりました。出家した者は、心乱さずして仏の声を聴くという「出離者は寂なるか、梵音(ぼんのん)を聴く」に由来しているそうです。惜しまれながら、11月9日99歳で亡くなられました。 その輝かしい生涯の中でも、一貫して反戦... [続きを読む]