テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第843話】「まけない!タオル」 2011(平成23)年5月21日-31日

住職が語る法話を聴くことができます

 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第843話です。20110521_1.jpg
 日本語はおもしろいです。「まけない」といったら、みなさんは何を思うでしょうか。今なら東日本大震災に遭遇して、それでもこの悲惨な状況に負けずに生きていこうと誰もが思うことでしょう。その通りでが、首にタオルを巻く、巻けないの「まけない」という言葉もあります。ということで「まけない!タオル」なるものを発案した方がいます。
 山形県の曹洞宗松林寺住職三部義道さんは、大震災の被災地にいち早く乗り込んで、ボランティアの先駆として活動していました。そんな中で、普通のタオルよりちょっと短めで、青地に白抜きで「まけない!」と書いたタオルを考えました。首にも頭にも巻けない、だけど、大震災にも負けない、私は負けないという思いを込めたものです。おやじギャグと言うなかれ。ただ「負けない」と言っても、言葉だけでは説得力に欠けます。首に巻けないけど、私も負けないとそのタオルを手に持って、意を強くしていただきたいという願いがあります。このタオルの支援金で、被災地にタオルと炊き出し等の支援を直接届けることができます。被災された方と支援者をつなぐメッセージにもなります。
「頑張ろう」という言葉は、巷に溢れていますが、被災している方にとって、ギリギリのところで精一杯やっているのに、これ以上何をどう頑張ればいいのと思う方もいます。そこに「まけない!タオル」の案内が届きました。「頑張る」は「我を張る」が語源だそうですが、それよりは「負けない」には「自分はこれ以上へこたれないぞ」という緩やかな力強さが感じられます。迷わず賛同の意思表示をし、ついでながら、この運動のテーマソングもあった方が、より広がりが期待できるのではと、思いつきで書いた歌詞を三部さんに送りました。
 つながりはあるものです。この運動にいち早く賛同していた奈良県の浄土真宗教恩寺の尼僧さんでシンガーソングライターのやなせななさんが、この歌詞を見るや、24時間もしないうちに曲をつけて素敵な歌に仕上げて下さいました。
         ♪まけないぞ まけないぞ 首にも頭にも
           まけないタオル 半端じゃないぞ
           泥にまみれて 明日が見えなくなっても
           まけないタオルが 拭ってくれる
           ほら 笑顔と一緒に明日が来るのさ
           まけないぞ まけないぞ 夕陽にまけない
           紅い血潮が 流れている限り
 大津波に襲われた我が山元町も、空の青さを感じられるようになりました。ヘドロで黒々としていた大地も地肌が見えるようになりました。それに比例して、集められた瓦礫の山が日々高くなっていきます。これまで我々が頑張って築いてきたものが、これなのかと思うと、頑張るという言葉に、虚しさを覚えます。でも、命あって、身体中を流れている血潮を感じる時、ご先祖さまから「しっかりせよ」と言われているような気がします。今こそ、千年に一度の「なまけない」精進を致しましょう。
 それでは又、6月1日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1201話】
「皆勤賞」
2021(令和3)年5月1日~10日

news image

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1201話です。 私の中学高校時代には、無遅刻無欠席者には皆勤賞、遅刻はしたが無欠席者には精勤賞というのがありました。私は6年間無遅刻無欠席で皆勤賞になり、記念に18金のネクタイピンをいただきました。卒業年度の1968という数字も刻印されています。 こんな手前味噌の話をしたのは、4月3日の河北新報に掲載された仙台市の木村大志さん... [続きを読む]

【第1200話】
「島田さん」
2021(令和3)年4月21日~30日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1200話です。 「新聞でお名前見てると看護士が95歳の心を癒やす」島田啓三郎。これは2月28日の河北新報の歌壇に載った歌です。島田さんは私のもう一つの住職地徳泉寺の檀家さんで、総代を勤めいただいたこともあります。しかし、去る2月25日に数え年97歳で旅立たれました。その3日後の新聞掲載だったの... [続きを読む]

【第1199話】
「サクラサク」
2021(令和3)年4月11日~20日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1199話です。 東日本大震災の大津波で何もかもが流され、もはや元の姿に戻ることはできないと諦めの気持ちでした。ある朝、鶯の声が耳に入ってきて、我に返ったのです。こんな時にも自然は変わらず営み続けている。それから季節の移ろいをメモするようになりました。季節を感じることで、悲惨な現状に流されまいと... [続きを読む]