テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1021話】「心が折れる」 2016(平成28)年5月1日-10日

住職が語る法話を聴くことができます

1021.JPG お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1021話です。
 JR九州新幹線の全線開業は、平成23年3月12日でした。その前日の3月11日に東日本大震災が発生しました。被災地の私たちは、そのニュースを全く知らずに過ごしたはずです。町全体の地理的方角も行く末もわからなくなった、想定外の光景が広がる中で、世の中の日常を受け容れる余裕はありませんでした。あれから5年、その九州新幹線が脱線しました。4月14日に発生した熊本地震の為です。
 「平成28年熊本地震」は、4月14日午後9時26分に震度7を記録し、16日午前1時46分にも発生して、これも震度7でした。震度7が2度も続くのは史上初めてだそうです。2度目のが「本震」で、最初は「前震」だったと発表されました。震度7で前触れとは誰も思わないでしょう。それだけ大きい揺れがくれば、「余震」が続くことは想定できても、更に「本震」が起きるとは、これまでにないことでした。「1回で済んだらまだよかったが、2回目で近所の家も倒壊し、心も折れた」と、熊本の被災者は言っています。
 東日本大震災の時も、地震だけならそれほどの被害ではなかったはずです。その後に襲った大津波が、甚大な被害をもたらしました。1回目の恐れは、それはそれでたいへんな思いをするでしょう。しかし、過ぎ去ってしまえば、何とか難を逃れたと安堵して当たり前です。もう大丈夫とさえ思うかもしれません。それなのに、続けざまに同じような或いはそれ以上の恐ろしいことが襲ってくれば、心も折れるでしょう。
 九州の被災地では、まだ緊急事態という段階で、衣食住の基本的な日常生活にも窮していると思われます。そんな時に気持ちだけはしっかりして下さいとは言いにくいものです。それよりも、心が折れたということを、自分なりに自覚することが大事ではないでしょうか。その上で、いつかはこの折れた心を立て直してやるという密かな想いを抱くことが大切です。そのために、今まで当たり前にしてきたことを全てその通りにやることは出来なくても、何か一つでも二つでも、日常的な仕草や行いをこれまで通りにやり続けてみて下さい。
 たとえば、食事をするとき、手を合わせて「いただきます」と唱えることだってかまいません。混沌とした避難生活の中で、そんな余裕はないよと言われるかもしれません。確かに避難生活は非日常です。非日常に慣れてしまうと、何をしなくても或いは何をやっても、こんな時だからと許してしまう雰囲気が漂ってしまいます。そうなると、折れた心が元に戻るのに時間がかかります。
 5年前の今頃、私は被災地という非日常の中にあって、5分でも10分でも朝の坐禅をするという日常だけは崩さないようにしようと、心がけたことを思い出します。坐禅は折れた心のつっかい棒になっていました。
 それでは又、5月11日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1199話】
「サクラサク」
2021(令和3)年4月11日~20日

news image

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1199話です。 東日本大震災の大津波で何もかもが流され、もはや元の姿に戻ることはできないと諦めの気持ちでした。ある朝、鶯の声が耳に入ってきて、我に返ったのです。こんな時にも自然は変わらず営み続けている。それから季節の移ろいをメモするようになりました。季節を感じることで、悲惨な現状に流されまいとしたのかもしれません。 その鶯の声... [続きを読む]

【第1198話】
「唯我独尊」
2021(令和3)年4月1日~10日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1198話です。 仏教ではお釈迦さまにゆかりのある3つの聖なる木「三大聖木」というのがあります。お釈迦さまがお生まれになった時の無憂樹、お悟りを開かれた時の菩提樹、そしてお亡くなりになられた時の沙羅双樹です。 お釈迦さまの母マーヤ夫人(ぶにん)は、出産のための里帰りの途中で、ルンビニの花園に立... [続きを読む]

【第1197話】
「大震災と涅槃図」
2021(令和3)年3月21日~31日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1197話です。 東日本大震災10年目の3月11日午後2時46分、徳本寺の末寺徳泉寺本堂に復興祈願法要と犠牲者慰霊法要の開始を告げる鐘が鳴りました。そこに敢えて、お釈迦さまの最期のご様子を描いた涅槃図を掲げました。10年前の同じ日に檀家総会が開かれ、併せて月遅れの涅槃会を行い、涅槃図を掲げていた... [続きを読む]