テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第804話】「春の椿事」 2010(平成22)年4月21日-30日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第804話です。
「春の椿事」とも言うべきでしょうか。4月17日に東北地方は季節外れの雪に見舞われました。仙台では13日に桜の開花宣言がなされたばかりでした。「開花宣言後」の積雪は30年ぶりだそうです。徳本寺の周辺も5〜6センチは積もりました。桜ならぬ白い雪の花が咲きました。ちょうど土曜日でしたので、何件かご法事がありました。案の定、遠くから出席なさる方の中には、時間に遅れた人もいらっしゃいました。車のタイヤを夏タイヤに交換したばかりだったのに、また冬タイヤに履き替えてきたなどという方もいたほどです。
20100421.jpgご法事などの人寄せの時は、お天気が良いに越したことはありません。だからよく、お天気が良い時の集まりでは、「お集まりのみなさんの日頃のご精進がよろしいので、このような晴天に恵まれまして何よりです」などと挨拶を致します。その論理で言えば、この間の雪のような時は「みなさんの日頃のご精進が悪いので、このような悪天候になったのでしょうか」と、挨拶しなければならないでしょうか。まさか、そんなことを言う人はいないでしょう。
むしろ、悪天候の時でもお墓参りをする方こそ、ほんとうに精進が良いというべきです。ぽかぽか陽気の時に、お墓参りをするのはたやすいことで、誰でもできます。雪が降ろうが、寒かろうが、亡き人を思えば、何としても今日お参りをしなければならないと決心して、実行できる人は、日頃よほど精進しているからです。
「精進」とは、簡単に言えば、一所懸命に努力をするということです。元々は仏教用語で、人間の苦悩を滅するために勇敢に立ち向かってゆく正しい努力を指します。「精進」の原語である「ヴィーリヤ」には、「雄々しさ」「勇気」「力」などの意味があります。そこから、「精進」とは、心を励まして仏道に進むことと言えます。
日頃から、信心を深めご先祖さまを敬っているからこそ、雪が降ってでも勇気を持ってお参りに行こうという気持ちになれるのでしょう。「春の椿事」も、良い方に気持ちをチェンジすれば、心の花の「開花宣言」が、仏さまより下されるはずです。
それでは又、5月1日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1185話】
「雲の上の人」
2020(令和2)年11月21日~30日

news image

板橋禅師遺意の「京焼一輪生け」(竹に蝸牛の絵は禅師御染筆) お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1185話です。 本山では住職に相当する方を、禅師と言います。大本山總持寺には禅師が全国の僧侶や檀信徒と親しく接する紫雲台(しうんたい)という建物があります。そして紫雲台は禅師の尊称にもなっていて、紫雲台猊下とお呼びします。紫雲とは紫の雲で、仏がこの雲に乗って来迎すると言... [続きを読む]

【第1184話】
「お召し物」
2020(令和2)年11月11日~20日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1184話です。 日本国の天皇なのに、公の場で着物を着ることはありません。一説には平安装束と違って、いわゆるの着物は、武家に由来しているので、天皇からすれば家来が着るようなものを着るわけにはいかないとか。一方皇后は外国の要人を招いた席や、外国で着物を着ることがあります。和服姿は日本文化をアピール... [続きを読む]

【第1183話】
「スコップ三味線」
2020(令和2)年11月1日~10日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1183話です。 「音楽がなくても死なないが、音楽がなくては生きてはいけない」と言った人がいます。事実、人類は1万年前には、音の響く石を並べて、リソホンという楽器のように奏でていたそうです。古代より音楽は、生きていく上で必要とされてきたのでしょう。 現代では夥しい種類の楽器が溢れています。そん... [続きを読む]