テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1241話】「砂のロマン」 2022(令和4)年6月11日~20日


 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1241話です。

 その昔、近くの農協の窓口に「南極の石」が飾ってありました。地元出身の海上自衛隊員で南極観測に派遣された方が寄贈したものです。見た目には普通の岩石と変わりませんが、想像もつかない遥か彼方の極地の石と思えば、ロマンがかきたてられます。

 さてこちらは、わずか5.4グラムの砂ながら、更なるロマンに満ちているようです。宇宙航空研究開発機構の探査機「はやぶさ2」が、地球に持ち帰った砂です。前人未到の小惑星「リュウグウ」から採取された砂は、一昨年12月地球に帰還しました。昨年6月から各地の研究者が、本格的な分析を進めていました。

 その結果、アミノ酸が20種以上見つかりました。アミノ酸はたんぱく質の材料です。たんぱく質は、炭素・酸素・水素・窒素などを含む化合物で、生物細胞の原形質を構成するものです。つまりアミノ酸は生命に欠かせないものです。それが地球以外で初めて確認されたのです。因みに、リュウグウの砂が入っていたカプセルは玉手箱と呼ばれていました。開けてびっくりな宝物を運んできたわけです。

 この度のアミノ酸には、コラーゲンの材料になるグリシンやうまみ成分のグルタミン酸も確認されています。コラーゲンやグルタミン酸などと聞くと、宇宙の話のはずが、一気に茶の間の話題になってしまいます。美肌効果や骨粗鬆症防止のためコラーゲンを多く含んだ肉や野菜を食べたり、そのサプリメントも大量に出回っています。また、昆布だしのおいしさの正体はグルタミン酸ですが、それを100年以上前に発見したのは日本人です。いまやどこの台所にもうまみ成分が多い昆布だしや調味料が揃っています。

 そんな身近な命の元が、直径約900メートルのそろばん玉のような形状の小惑星リュウグウにあったのです。リュウグウは地球から3.5億キロkm離れています。火星との間にあって、1999年に発見されました。約45億年前に太陽系が誕生した当時の情報を持つ天体と考えられています。そして誕生したばかりの地球には、もともとアミノ酸がたくさんあったようです。その後マグマに覆われて、いったん失われました。そして地球が冷えた後に海ができ、飛来した隕石がアミノ酸を改めてもたらしたのではないかという仮説がありました。その仮説を後押しする発見となりました。

 よく私たちは、亡き人は天に逝ってしまったとか、星になって見守ってくださいなどと言うことがあります。キリスト教ならともかく、お釈迦さまは死後のことは無記といって特別に答えてはいません。しかし、生命の源が宇宙にあるとしたら、広い意味で死んだら宇宙に還るというのは、わかりやすいことです。たとえ愛しい人が亡くなっても、星になっていると思えば、いつでも会えます。はやぶさ2の砂のロマンは、まさに「ロマン砂」話でした。

 ここでお知らせいたします。5月のカンボジアエコー募金は、681回×3円で2,043円でした。ありがとうございました。

 それでは又、6月21日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1263話】
「貫く棒」
2023(令和5)年1月21日~31日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1263話です。 箱根駅伝・鏡開き・どんと祭といっているうち、いつの間にか1月も下旬を迎えました。お正月ならではの行事や風景も何処にありやです。同時に新年に誓った今年こそはという決意や願いが薄れてはいませんか。 〈去年(こぞ)今年貫く棒の如きもの〉高浜虚子の句です。前住職の文英大和尚はいささか俳句をたしなんでいましたので、この句... [続きを読む]

【第1262話】
「涅槃金」
2023(令和5)年1月11日~20日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1262話です。 私たちが本山などで修行する時、持ち物は修行に必要な最小限度しか許されません。金銭を所持することもできません。ただ「涅槃金」だけは、必要です。涅槃とは死ぬことも意味し、万が一修行中に死亡した際の火葬費用が涅槃金です。私のころは5千円でしたが、勿論それですべて賄える金額ではありませ... [続きを読む]

【第1261話】
「ツキを目指して」
2023(令和4)年1月1日~10日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1261話です。 あけましておめでとうございます。今年は兎年ですが、前回の兎年は12年前の平成23年あの東日本大震災があった年です。犠牲になられた方は斉しく13回忌を迎えます。丸12年なのに13回忌というのは、亡くなったその年の命日を1回目と数えるからです。今年が13回目の命日ということです。 ... [続きを読む]