テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1225話】「虎が転じる福」 2022(令和4)年1月1日~10日


 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1225話です。

 あけましておめでとうございます。今年は寅年ですが、「虎を野に放つ」という諺があります。猛威あるものを野放しにするということです。新型コロナが世界中に猛威を振るっている状況を思わずにはいられません。決して野放しではないでしょうが、対策がウイルスの勢いに追いついていません。丸2年もコロナに振り回され、今年こそは終息を願うばかりです。

 実は私は寅年です。しかし、野に放たれても、何ら発揮できる力もない歳になりました。それでもコロナが蔓延する野にあって、何がしかの力を発揮しないわけにはいきません。昨年曹洞宗東北管区教化センター主催の「禅をきく会」の講師を依頼されました。通常であれば仙台市の然るべき会場で、参加者を前に法話をするところです。しかし、コロナ禍に配慮して、オンライン配信となりました。

 そこでテレホン法話ライブ形式で禅をきく会を行うという力を発揮してみました。東日本大震災の大津波で流出した兼務する徳泉寺を、「はがき一文字写経」で復興した足跡をたどる内容です。徳泉寺本堂を舞台にして、法話ライブを行えば、復興した姿を直接伝えることができるということで、昨年12月5日に収録し現在配信中です。

 当日は限定した参加者でしたが、収録のための準備は半端ではありませんでした。カメラが3台、音響等の機材が所狭しと設置され、ささやかな3分間のテレホン法話にしては、ぜいたくと思えるほどの装置です。元々、法話ライブはピアノ演奏にのせてテレホン法話を語るというものです。そこに法話に因んだ映像を映したり、御詠歌のお唱えもあるという、多少実験的な試みです。

 複数のカメラ撮影により、舞台が立体的に映ります。客席にいては見えない伊藤智哉さんのピアノ演奏の指の動きもしっかり捉えています。何より法話の声とピアノの音のバランスが見事です。岡崎るみ子さんの御詠歌のお唱えでは、その声を更に魅力的に聴かせるマイクの調整が絶妙です。映像は写真ばかりではなく、その場で撮影している動画も映し出され、下手な法話などなくてもいいくらいの説得力があります。

 その場に臨んで、直に見て聴くという感動は、何にも替えがたいものでしょう。演ずる方も、直接参加者と触れ合った方が、より効果的な法話ができます。でもコロナ禍の逆境を何とか良い方に転じていこうと願っていれば、多くの人の力が寄って来て、思いがけない世界が開くことを実感しました。普通の禅をきく会でしたら、その場限りで終わりです。オンライン配信中は何回でも徳泉寺の復興した姿をお伝え出来ますし、しかも世界中の人に届けることができるのです。コロナ禍という虎の威を借りるつもりはありませんが、今年は禍(わざわい)転じて福となるよう、千里先を目指すという虎の勢いを発揮してまいりましょう。
尚、インターネットで「曹洞宗 東北」と検索していただければ、禅をきく会を視聴できます。1月20日まで配信中です。

 それでは又、1月11日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1251話】
「到彼岸」
2022(令和4)年9月21日~30日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1251話です。 安倍元首相の国葬に反対の声が大きくなっています。その理由の一つに、きちんとした法の定めがないからです。一方、春秋の彼岸の中日にあたる、春分の日と秋分の日は、祝日法によりその意義も定められています。春分の日は「自然をたたえ、生きものをいつくしむ」、秋分の日は「先祖を敬い、亡き人をしのぶ」となっています。正々堂々とお... [続きを読む]

【第1250話】
「寛恕なる家族葬」
2022(令和4)年9月11日~20日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1250話です。 「惜別の機会を近所の人にも」という新聞投書がありました。75歳のAさんが亡くなったとき、その息子さんに「近所の人には葬儀に来て頂かなくて結構です」とBさんは言われました。Bさんは独り暮らしのAさんの通院の送迎をしていたほど親しかったのです。身内だけの葬儀もいいが、親が頼りにして... [続きを読む]

【第1249話】
「日本一からの招待」
2022(令和4)年9月1日~10日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1249話です。 地元の新聞「河北新報」の名前は、戊辰戦争に敗れた東北地方を軽視する言葉「白河以北一山百文」に由来します。明治30年創刊の河北新報は、この言葉を逆手に取って、東北復権の志を示そうと、敢えて「河北」と名付けました。 高校野球界においても、「東北地方は一山百文」的な見方をされてきた... [続きを読む]