テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1223話】「草鞋と刀」 2021(令和3)年12月11日~20日

住職が語る法話を聴くことができます



 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1223話です。

 私の師匠である前住職は、生涯洋服は着ないで、法衣だけで過ごしたいと思っていました。しかし、現実には役場にも勤務しながらの二足草鞋でした。それは世間的なしがらみに縛られることでもありました。二足草鞋は、両立しないような2種を兼ねた生業を指します。

 一方、二刀流は同じような範疇の中で、ふたつのことができることを言うのでしょうか。今年世界のヒーローとなった大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手は、二刀流の称号を恣にしました。46本塁打100打点、9勝2敗156奪三振、更には26盗塁を達成し、グラウンドを縦横無尽に使って、規格外のプレーを見せつけました。そして、何かにつけ100年以上前の伝説の選手ベーブ・ルースと比較されます。まさに百年に一人の逸材でしょう。何せ大リーグのオールスター戦の規則を変更させたほどです。

 オールスター戦では打者と投手で選ばれました。規則で投手は3イニングしか投げられません。その間打順が回ってこなければ、交代するしかないのですが、大谷選手のために特別ルールが定められました。投手として降板した後も、指名打者として役割を果たせるようにしたのです。ヒットこそ出ませんでしたが、勝利投手にはなりました。史上初の「1番指名打者」「先発投手」として、オールスター戦出場を果たし、二刀流を不動のものにしました。

 少年野球ならともかく、プロ野球の世界で投打にわたって活躍するのは至難なことです。選手の負担が大きすぎます。それでもエンゼルスの打撃コーチは言います。「両方取り組むことは素晴らしい。一つのことに集中しすぎなくてすむ。複数のことに集中して、翔平が楽しんでいることがわかる」。

 確かに野球は打って投げて走っての世界です。大谷選手は心から野球そのものを楽しんでいるのでしょう。ただ凡人と違うところは、すべてのプレーにおいて、純粋にどこまでうまくなれるのかと高みを目指していることです。そのための練習を惜しまないところです。大リーグのア・リーグの最優秀選手に満票で選ばれましたが、受賞のお祝いのことを尋ねられても、「特にないです。また明日も練習があるので早めに寝ると思います」との答えでした。

 二足の草鞋を穿くくらいなら、一足で道を究めるべきというのは、仏道の世界です。しかし大谷選手の活躍は、二兎を追う者は一兎を得ずの価値観を覆す程です。仏道を説くのが難しくなりました。大リーグのある投手が言いました。「人間の形をした神話の伝説だ。彼がしていることは驚異的を超えている」。もはや大谷選手は神の域なのでしょうか。草鞋では一兎も追いきれませんが、大谷選手は刀に懸けても更なる活躍をすることでしょう。

 ここでお知らせいたします。11月のカンボジアエコー募金は、958回×3円で2,874円でした。ありがとうございました。

 それでは又、12月21日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1242話】
「命の50分間」
2022(令和4)年6月21日~30日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1242話です。 小学校の授業時間は45分間です。それより長い50分間を、大川小学校の子どもたちは、あの時どんな思いで、校庭にいたのでしょうか。地震の後の不安と寒さの中、ただ先生の指示を待つだけでした。 宮城県石巻市大川小学校は、東日本大震災の大津波に襲われて、犠牲になった子どもは74人、先生は10人です。奇跡的に子ども4人と先... [続きを読む]

【第1241話】
「砂のロマン」
2022(令和4)年6月11日~20日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1241話です。 その昔、近くの農協の窓口に「南極の石」が飾ってありました。地元出身の海上自衛隊員で南極観測に派遣された方が寄贈したものです。見た目には普通の岩石と変わりませんが、想像もつかない遥か彼方の極地の石と思えば、ロマンがかきたてられます。 さてこちらは、わずか5.4グラムの砂ながら、... [続きを読む]

【第1240話】「見せない見せ方」
2022(令和4)年6月1日~10日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1240話です。 宮城県登米市に「柳津虚空蔵尊」という真言宗の寺があります。ここに長野の善光寺の本尊のご分体の阿弥陀像があります。江戸後期から伝わる仏像ですが、傷みがひどく、長く非公開でした。しかし、東日本大震災の折に、寺が支援拠点になった縁で、善光寺がその存在を知るところとなり、本物と確認され... [続きを読む]