テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1219話】「マンネリズム」 2021(令和3)年11月1日~11日


 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1219話です。

 漫画を読むとき、主人公の顔や姿を追いかけますが、その血液型まで詮索することはあまりないでしょう。劇画「ゴルゴ13」の主人公デューク東郷には、血液型が設定されてます。A型だそうです。

 「ゴルゴ13」は、「ビックコミック」に、1968年から連載されている長寿漫画です。それだけ長い間の物語の中では、血液型が話題になることもあるのでしょう。単行本は202巻発行され、累計発行部数は3億部を超します。「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定されました。

 しかし、残念がらその漫画を描いてきたさいとう・たかをさんが9月24日に84歳で亡くなられました。さいとうさんは、50年以上一度も休まず連載してきました。そしてこんな言葉を残しています。「プロとはマンネリズムを恐れず、ひたすら眼前の仕事に向かうことだ」。50年休まず連載し続けてきた実績を思えば、説得力のある言葉です。「マンネリズムを恐れず」とは、下手な言い訳をするより、先ず続けてみなさいということではないでしょうか。私たちは、やらない・できない理由はすぐ見つけます。「ひたすら」の心があれば、そんな理由は消えてなくなるはずです。

 さいとうさんの足元にも及びませんが、私もこのテレホン法話を34年間休まず継続してきました。今年4月1200話を達成し、それを記念した15回目のテレホン法話ライブを、10月24日に開催しました。さいとうさんの話も引きながら、「伝える・続ける・繋がる」をテーマにしました。マンネリズムと言われようが、長く続けていれば、3分間の話でも何がしか感じてもらえることもあります。共感した者同士て繫がりが生まれることもあります。「継続は力なり」とは言うものの、「継続する力」がなければ、続けられません。健康や固い意思を持ち続けられることも力のひとつでしょう。

 そんなことを伝えたくて「皆勤賞」の話もしました。学校などに無遅刻無欠席で通い続ける尊さについてです。そしたら参加者のアンケートに「毎日生きていることも皆勤賞かしら」という意見がありました。確か毎日生きているという点では、立派な皆勤賞かもしれません。ただ仏の教えに生きる者は、ワンランク上の皆勤賞を目指しましょう。息をして、寝て起きて食べるのは、マンネリズムの最たるものです。でも下手な言い訳で、今日はもうどうでもいいや、どうせまた明日があるからと思わないことです。毎日同じような日でも、今日という日は2度と繰り返すことはできないのです。どんなことがあってもひたすらに生きてこそ、(みな)金賞に輝く、 皆勤賞です。

 因みに、「ゴルゴ13」の結末について、さいとうさんは「よく聞かれますが、私の頭の中にはあります。いつ日の目を見るかわかりませんが」と言ってました。あの世でも皆勤賞を目指すのかもしれませんね。

 それでは又、11月11日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1251話】
「到彼岸」
2022(令和4)年9月21日~30日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1251話です。 安倍元首相の国葬に反対の声が大きくなっています。その理由の一つに、きちんとした法の定めがないからです。一方、春秋の彼岸の中日にあたる、春分の日と秋分の日は、祝日法によりその意義も定められています。春分の日は「自然をたたえ、生きものをいつくしむ」、秋分の日は「先祖を敬い、亡き人をしのぶ」となっています。正々堂々とお... [続きを読む]

【第1250話】
「寛恕なる家族葬」
2022(令和4)年9月11日~20日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1250話です。 「惜別の機会を近所の人にも」という新聞投書がありました。75歳のAさんが亡くなったとき、その息子さんに「近所の人には葬儀に来て頂かなくて結構です」とBさんは言われました。Bさんは独り暮らしのAさんの通院の送迎をしていたほど親しかったのです。身内だけの葬儀もいいが、親が頼りにして... [続きを読む]

【第1249話】
「日本一からの招待」
2022(令和4)年9月1日~10日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1249話です。 地元の新聞「河北新報」の名前は、戊辰戦争に敗れた東北地方を軽視する言葉「白河以北一山百文」に由来します。明治30年創刊の河北新報は、この言葉を逆手に取って、東北復権の志を示そうと、敢えて「河北」と名付けました。 高校野球界においても、「東北地方は一山百文」的な見方をされてきた... [続きを読む]