テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1218話】「二面石」 2021(令和3)年10月21日~31日

住職が語る法話を聴くことができます



 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1218話です。

 先般、奈良県明日香村にある天台宗の橘寺をお参りする機会がありました。付近に聖徳太子が生まれた場所があります。橘寺も聖徳太子が建てた寺院のひとつです。当然の如く本尊には、聖徳太子像を祀ってあります。建立年代は不明ですが、「日本書紀」に寺の存在が記されているので、1500年以上の歴史があるようです。

 そこに「二面石」と呼ばれる不思議な石があります。高さ幅とも約1メートルほどの大きな石です。左右の面に人の顔が彫ってあります。明日香村には石舞台や亀石とか、どうしてこんなものがあるのかと、不思議に思われる大きな石がいくつかあります。二面石も飛鳥時代の石造物と言われます。その二面とは、善相と悪相つまり人の心の二面性を表現しています。向かって右が善の顔、左が悪の顔だそうです。心なしか悪の顔の方が大きく見えます。それはどんな聖人君子でも、生涯悪事は働かなかったと言いきれないということでしょうか。犯罪にならないまでも、ちょっとした嘘をつくとか、誰かを憎んだとか、隠れた悪意はどこかにあります。

 ところで聖徳太子と言えば「十七条憲法」です。二面石との関りのほどはわかりませんが、その第六条には「悪しきを懲らし善(ほまれ)を勧むるは、古(いにしえ)の良き典(のり)なり」とあります。つまり「悪いことをすれば懲らしめて、善いことをするよう勧めるのは、古来よりのよるべき教えである」ということです。それは仏教を含めて、大方の宗教も説いていることです。悪いことはひとつでも少なくして、良いことはひとつでも多く重ねるという教えです。

 更に「十七条憲法」の第二条には「篤く三宝を敬え、三宝とは佛と法(のり)と僧なり」と示し、仏教を敬い信じるたいせつさを説きます。そして仏教に帰依しないで、どうしてよこしまな心を正すことができようかとまで、言いきるのです。人には善悪の二面性が宿っていることを認め、だからこそ仏教がなくてはならないという聖徳太子の宣言でもあります。

 人は裏の心が悪で、表が善という意識があり、裏を隠そうとします。その結果反省の機会を失うことになります。隠しているから分からないと思っているのは自分だけで、他人様はお見通しです。いっそ、二面石のように左右並列に善悪を晒しておきましょう。そうすれば仏の教えに照らし合わせたとき、私にはこんな嫌な面があるから、これ以上悪くならないようにと反省しやすくなります。その心は洋服でいえば、リバーシブルのようなもので、表も裏もなく我が身を着飾ることができます。これってリーズナブルではありませんか。

 ここでお知らせいたします。10月24日(日)午後2時 徳本寺にて「第15回テレホン法話ライブ」を開催致します。ゲストは津軽三味線日本一の織江響さん。入場無料です。

 それでは又、11月1日よりお耳にかかりましょう。


二面石

最近の法話

【第1263話】
「貫く棒」
2023(令和5)年1月21日~31日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1263話です。 箱根駅伝・鏡開き・どんと祭といっているうち、いつの間にか1月も下旬を迎えました。お正月ならではの行事や風景も何処にありやです。同時に新年に誓った今年こそはという決意や願いが薄れてはいませんか。 〈去年(こぞ)今年貫く棒の如きもの〉高浜虚子の句です。前住職の文英大和尚はいささか俳句をたしなんでいましたので、この句... [続きを読む]

【第1262話】
「涅槃金」
2023(令和5)年1月11日~20日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1262話です。 私たちが本山などで修行する時、持ち物は修行に必要な最小限度しか許されません。金銭を所持することもできません。ただ「涅槃金」だけは、必要です。涅槃とは死ぬことも意味し、万が一修行中に死亡した際の火葬費用が涅槃金です。私のころは5千円でしたが、勿論それですべて賄える金額ではありませ... [続きを読む]

【第1261話】
「ツキを目指して」
2023(令和4)年1月1日~10日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1261話です。 あけましておめでとうございます。今年は兎年ですが、前回の兎年は12年前の平成23年あの東日本大震災があった年です。犠牲になられた方は斉しく13回忌を迎えます。丸12年なのに13回忌というのは、亡くなったその年の命日を1回目と数えるからです。今年が13回目の命日ということです。 ... [続きを読む]