テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1210話】「ウルトラC」 2021(令和3)年8月1日~10日


 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1210話です。

 「ウルトラC」という言葉は、1964年の東京オリンピックの体操競技で、日本選手が最高難度Cを超える技を披露したことから生み出されたものです。現在は、男子はAからIまでの9種類、女子はAからJまでの10種類の難易度で評価され、ウルトラCという技はありません。ただ、一般には奥の手などの意味で使われます。

 さて、この度の東京オリンピックの体操で内村航平が、得意の鉄棒で演技開始30秒余りで、まさかの落下。予選敗退となりました。失敗したのは難易度Dのひねり技で、昔ならウルトラCだったかもしれません。ただこれまでミスをしたことがなかった技です。そして彼は体操について言います。「失敗したことのない技でも失敗する。これだけやってきても、まだ分からないことがある。おもしろさしかないですよね」

 その彼が今までで一番うれしかったことは、小学校1年の時に、鉄棒で「けあがり」ができたときとか。「周りはみんなできているのに、自分だけできなかった。やっとできたときは誰も見ていないかった。みんなに知ってほしくて体育館中を走り回った」そうです。オリンピックで金メダルを取った喜びすら、この時のけあがりを超えられないとまで言うのです。何にも染まらないひたむきな子ども心で成し遂げた技が、彼の体操人生の原点でした。

 この度のオリンピックでも子どもが感じる楽しさの計り知れない可能性を示した選手がいます。日本史上最年少の13歳で金メダリストになった西矢椛(にしやもみじ)です。スケートボードストリートと言われても、初めて見た競技は路上での遊びの延長という印象でした。彼女は5歳の時から始めて、その面白さにはまったのでしょう。とにかく楽しいから、ネットなどで仲間同士見せ合いアドバイスし合って、難易度の高い技に磨きをかけてきました。

 どの世界でも頂点を極めるには、凡人の想像を超えた探求心や鍛錬がなければならないでしょう。それが辛い苦しいの連続では、挫折するばかりです。辛い苦しいと思う前に、楽しいおもしろいという喜びに出会える人は幸いです。それは大人より子どもの方が可能性があります。素直で純粋だからです。赤ちゃんの笑顔に癒されるのは、ただ笑っているからです。誰かに受けようと思って笑っていないからです。内村少年は鉄棒に、椛ちゃんはスケートボードにただ喜びを感じ、それをずっと続けてきたのです。「しないでいられないことをし続けなさい」漫画家水木しげるの言葉です。

 私も「門前の小僧習わぬ経を読む」ように、幼い時にお経のおもしろさに目覚めればよかったのにと今は悔やんでいます。ただ私にはウルトラCの奥の手があります。それは天下の宝刀ともいうべき、仏法の灯である法灯です。お釈迦さまからの法灯をお授けして、これまで何千人も成仏に導いてきました。いまだかつて、仏の世界からこの世に戻った人はひとりもいません。お釈迦さまの奥の手は、深淵なのです。

 それでは又、8月11日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1257話】
「失敗こそ」
2022(令和4)年11月21日~30日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1257話です。 「失敗のない人生は、それこそ失敗でございます」知恵ある老人の言葉として、作家の森まゆみさんが新聞で紹介していました。山ほど失敗を重ねてきたわが人生は、あの失敗がなければと、後悔しきりです。それでも一つだけ誇れる失敗があります。 大本山總持寺で修行を始めて間もない頃です。修行道場の中枢ともいうべき僧堂でその失敗が... [続きを読む]

【第1256話】
「テレホン法話で六根清浄」
2022(令和4)年11月11日~20日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1256話です。 「お寺のイメージが私の中ではくつがえされました。参加出来たことに感謝致します」これは先月徳本寺で行われた第16回テレホン法話ライブのアンケートに寄せられたある女性の声です。因みにその方は、友人に誘われてお出でになり、これまでテレホン法話を聴いたことはなかったようです。 観光寺... [続きを読む]

【第1255話】
「亡き人の耳と目と」
2022(令和4)年11月1日~10日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1255話です。 「死人に口なし」とは言いますが、死んでも聴覚だけは最後まで残るそうです。昔、老僧から言われました。「目を落としたら、できるだけ速やかに、出来れば、まだ身体にぬくもりが残っている間に枕経を挙げなさい。死んでも耳は聞こえているのだから」 生死をさまよった人が、自分の名前を呼ぶ声が... [続きを読む]