テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1209話】「コロナオリンピック」 2021(令和3)年7月21日~31日


 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1209話です。

 薬を与えることを「投薬」と言います。注射することは「注射を打つ」と言います。医療現場では、投げたり打ったり、かなりアクティブです。更にコロナワクチン接種に関連して、注射をしてくれる人を「打ち手」とまで言っています。ワクチン接種とはいえ、狙い撃ちされそうな感じすらします。

 おかげさまで、狙い撃ちされて、先日町でのワクチン接種の2回目を済ませることができました。幸いにして接種時の副反応もありませんでした。ただ、打たれただけあって、左腕にかすかな打撲感は残りました。それでも「新型コロナワクチン予防接種済証」が手元にあるのは心強いです。ワクチンで十分な免疫ができるのは、2回目の接種後7日が経ってからだそうです。何とかオリンピックの開会式に間に合うというタイミングですが、今更それはどうでもいいことです。

 ただ、オリンピックの理想とするところは、スポーツを通じて、世界の人々が手をつなぎ、世界平和を目指すことでもあるでしょう。そう思えば、私も含め極一部の人だけが、オリンピックに間に合ってワクチン接種が済んだと喜んでいいのでしょうか。国内外を問わず多くの人が、選手のみなさんの活躍は期待しつつも、素直に開催を喜べないでいます。それは純粋に手をつなげないからです。コロナ禍の中で、距離をとれ、声を出すな、挙句に無観客では盛り上がりません。

 宮沢賢治は言いました。「世界ぜんたいが幸福にならないうちは、個人の幸福はありえない」。これは理想であり、世界全体の幸福を待っていたら、いつまでも幸福は訪れないかもしれません。しかし、事コロナに関しては、一部の人だけがワクチンを接種しても、ウイルス感染を防ぐことは不可能です。どこの国でも全体の6割くらいの人が接種を終えた時、感染の勢いが弱まるという報告もあります。その意味では、ウイルス感染防止のためのオリンピックこそ今開催すべきでしょう。

 元より医療現場では、投げたり打ったりということが行われています。オリンピックのモットーである「より速く、より高く、より強く」ということを感染防止に活かしていくわけです。数多くのワクチン接種を速く済ませられる方法や、感染した重症患者を治療できる高い技術や、1回の接種だけでも感染防止できる強いワクチンや飲み薬の開発などを競うというオリンピックです。そこでメダルを取ったすぐれたものを世界全体で共有していくのです。そのくらいの覚悟をしなければ、コロナ終息は見えてこないかもしれません。

 「雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サ二モ マケヌ丈夫ナカラダヲモッテモ コロナニハ カナワヌ」のだから、「アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウ二イレズ二」世界全体を見渡す広い心を持ちましょう。

 それでは又、8月1日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1251話】
「到彼岸」
2022(令和4)年9月21日~30日

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1251話です。 安倍元首相の国葬に反対の声が大きくなっています。その理由の一つに、きちんとした法の定めがないからです。一方、春秋の彼岸の中日にあたる、春分の日と秋分の日は、祝日法によりその意義も定められています。春分の日は「自然をたたえ、生きものをいつくしむ」、秋分の日は「先祖を敬い、亡き人をしのぶ」となっています。正々堂々とお... [続きを読む]

【第1250話】
「寛恕なる家族葬」
2022(令和4)年9月11日~20日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1250話です。 「惜別の機会を近所の人にも」という新聞投書がありました。75歳のAさんが亡くなったとき、その息子さんに「近所の人には葬儀に来て頂かなくて結構です」とBさんは言われました。Bさんは独り暮らしのAさんの通院の送迎をしていたほど親しかったのです。身内だけの葬儀もいいが、親が頼りにして... [続きを読む]

【第1249話】
「日本一からの招待」
2022(令和4)年9月1日~10日

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1249話です。 地元の新聞「河北新報」の名前は、戊辰戦争に敗れた東北地方を軽視する言葉「白河以北一山百文」に由来します。明治30年創刊の河北新報は、この言葉を逆手に取って、東北復権の志を示そうと、敢えて「河北」と名付けました。 高校野球界においても、「東北地方は一山百文」的な見方をされてきた... [続きを読む]