テレホン法話
~3分間心のティータイム~

【第1189話】「牛に引かれて」 2021(令和3)年1月1日~10日


 お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1189話です。

 あけましておめでとうございます。今年1年も耳障りではなく、耳寄りな話をお届けできるよう努めてまいります。よろしくお付き合いください。

 十二支1番目のネズミ年から、今年は2番目の牛年です。その順番にまつわる話があります。神様は12匹の動物をその年の代表にし、順番を決めるために競争させました。足が遅いことを自覚している牛は夜中に出発して、見事1位でゴールしたと思ったら、こっそり牛の背中に乗っていたネズミが飛び降り、逆転1位で牛は2位に甘んじました。

 今年はネズミような姑息さが蔓延(はびこ)らないことを願います。そういえば昨年は、国のトップだった方が、会計処理の責任を秘書に擦り付けました。また新型コロナウイルス対応の交付金で、博物館の照明をLEDに切り替えたり、公用車を10台も買い替えたなどという、およそコロナ感染からかけ離れた「便乗した予算行使」をした県もありました。ネズミ年のせいでしょうか。

 さて、「牛に引かれて善光寺」という諺があります。農耕文化の中で牛は大切な家畜でした。現代のトラクターやトラックの役目を果たしていました。しかし、力が強いだけで、その動作は敏捷性には欠けます。それなのにどうしてお寺参りに牛なのかということです。こんないわれがあります。善光寺の近くに不信心で強欲な老婆がいました。ある日、晒しておいた布を、偶然に牛が角に引っ掛けて走り出しました。当然老婆は牛を追いかけました。たまたま牛が駆け込んだところが善光寺でした。そこで老婆は初めて善光寺が霊場であることを知り、後生を願うようになり、以来お参りを続け信仰に目覚めたということです。

 この諺は、思いがけない縁で、良い方に行くことを示しています。その仲立ちとなったのが牛だったというのは、牛の徳分を表しているような気がします。背中にネズミが乗っていることを知ってか知らずか、ともかく自分ののろさは十分に承知しています。だから早めに歩き始めるという計画性は侮れません。ノロノロでも着実に一歩ずつ前進を続ける勤勉さは、見習うところがあります。

 初詣でお寺や神社にお参りなさったことでしょうが、一時のお参りで劇的に人生が変わることはないでしょう。初詣をきっかけとして牛に引かれるように、今年は足繁く寺社参りを続けるならば、少々のことでは牛のように動じなくなるかもしれません。牛の背中に便乗するのではなく、牛のように自らの足をしっかり地に着けて、自分の歩幅と速さで、着実に前に進むことです。そうすれば(たん)のすわった生き方が具わってきます。道中お腹がすいたら、牛タンをいただくのもお勧めです。「に引かれて善光寺」「めしに惹かれて牛タン焼き」。これって、耳寄りの話でしたか。

 それでは又、1月11日よりお耳にかかりましょう。

最近の法話

【第1200話】
「島田さん」
2021(令和3)年4月21日~30日

news image

お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1200話です。 「新聞でお名前見てると看護士が95歳の心を癒やす」島田啓三郎。これは2月28日の河北新報の歌壇に載った歌です。島田さんは私のもう一つの住職地徳泉寺の檀家さんで、総代を勤めいただいたこともあります。しかし、去る2月25日に数え年97歳で旅立たれました。その3日後の新聞掲載だったのです。 これが遺作となったかと思い... [続きを読む]

【第1199話】
「サクラサク」
2021(令和3)年4月11日~20日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1199話です。 東日本大震災の大津波で何もかもが流され、もはや元の姿に戻ることはできないと諦めの気持ちでした。ある朝、鶯の声が耳に入ってきて、我に返ったのです。こんな時にも自然は変わらず営み続けている。それから季節の移ろいをメモするようになりました。季節を感じることで、悲惨な現状に流されまいと... [続きを読む]

【第1198話】
「唯我独尊」
2021(令和3)年4月1日~10日

news image

住職が語る法話を聴くことができます お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第1198話です。 仏教ではお釈迦さまにゆかりのある3つの聖なる木「三大聖木」というのがあります。お釈迦さまがお生まれになった時の無憂樹、お悟りを開かれた時の菩提樹、そしてお亡くなりになられた時の沙羅双樹です。 お釈迦さまの母マーヤ夫人(ぶにん)は、出産のための里帰りの途中で、ルンビニの花園に立... [続きを読む]