お知らせのみ

施餓鬼会(せがきえ)と清興「紙切り」

 ~彼岸会の先祖・水子の供養法要~

 〝空青く松も緑のみ仏に 子らが捧げる彼岸花かな〟
              (「彼岸御詠歌」より)





●9月23日(木・秋分の日)午後2時
●徳本寺本堂
●回向料:供養塔婆1本 3,000円

◇施餓鬼会(先祖・水子供養法要)
◇御詠歌奉詠
◇清興「チャリティ寄席 紙切り」 出演 林家 花 

※新型コロナウイルス感染に配慮して、体調を整え、
マスク着用にてお参りください。

【問い合わせ:0223-38-0320 徳本寺】

最近の記事

あけましておめでとうございます

新しい年も幸多いことをお念じ申し上げます。 「幸」という字は逆さにしても「幸」です。「さいわいさ」と言えば、左から読んでも右から読んでも「さいわいさ」です。「しあわせ」には、上下も左右もなく、自分の「心もち」ひとつなのかもしれません。お正月に心もちという餅をたくさん食べて、幸せを味わってください。 それにしてもコロナです。コロナの丸2年間で失った幸せが、多々あることでしょう。何とか今年は挽... [続きを読む]

「禅をきく会」オンライン配信【無料】

「テレホン法話ライブ~復興に真一文字」 ―「はがき一文字写経」による復興の足跡― 曹洞宗東北管区教化センター主催の第176回「禅をきく会」をオンラインで開催致します。「はがき一文字写経」で徳泉寺を復興した足跡をテレホン法話ライブで振りかえります。ピアノ演奏をバックに、御詠歌も流れます。被災状況や徳泉寺を映した写真・動画もふんだんに取り入れています。復興を遂げた徳泉寺で行... [続きを読む]

あけましておめでとうございます

新しい年も幸多いことをお念じ申し上げます。 「時を戻そう」と言ってそうなるなら、何と気楽でしょう。すべて自分に都合の良い時間に立ち返ってやり直せばいいのですから。しかし、自分の人生に何百万円を補填しても、1秒たりとも時間を戻せないことは、庶民も大臣も同じことです。 去年の正月は良かった。まだコロナの影も見えていなかった。10年前はもっと良かった。東日本大震災など、だれも想定していなかった。... [続きを読む]