行事のご案内 一覧

復興への仕上げ
[クラウドファンディング]で復興の道のりを伝えてゆく


東日本大震災ですべてが流出した徳泉寺は、全国から寄せられた「はがき一文字写経」による復興を目指してまいりました。おかげさまで、5月18日本堂の上棟式を迎えることができました。今秋の完成に向けて作業を進めております。そこで、これまで8年、寺の再建にかけて歩んだ道のりをまとめた冊子『青空があるじゃないか』を製作致します。 そのため資金150万円を目標に、クラウドファンディングサービス「Readyfor」で、6月3日(月)よりプロジェクトを開始致しました。
 
その冊子はこれまで寺の再建にご支援いただいたみなさまへお届けいたします。一文字一文字が繋いだご縁に感謝し、きちんと恩返しをしたいからです。復興への仕上げとして、このプロジェクトを達成し、本堂完成をみなさまと共にお祝いしたい。そんな想いでクラウドファンディングに挑戦しています。暖かい応援のほどを、何卒よろしくお願い申し上げます。                                                                                                                      合 掌

詳細はこちら

東日本大震災復興祈願法要

東日本大震災復興祈願法要
復興と慰霊のまごころこめて―3.11その先へ―

徳本寺に江戸時代から伝わる大般若経600巻を大勢の和尚さんが転読(扇のように広げて読む) して大震災からの復興を祈願します
大震災で亡くなられた方のご供養も行います
午後2時46分に鎮魂の大梵鐘が鳴り 追悼の御詠歌もお唱えします

●3月10日(日)午後2時
●徳本寺本堂

    ◇講演「震災を乗り越えて
                   中浜小学校 あの日を忘れない そして、その後も忘れない」
                    (大震災時、津波が襲う中、中浜小学校屋上に避難した児童先生等90名は
                          九死に一生を得た。それは幸運だったのか、奇跡が起きたのか・・・)
                                                           山元町中浜小学校 元校長 井上 剛
    ◇復興祈願法要
    ◇大震災物故者慰霊法要
●どなたでも参加できます


 
竹あかり追悼法要

日本最大級の五輪塔「千年塔」前に たくさんの「竹あかり」を灯して
大震災で亡くなられた方の追悼法要を行います
みなさんでご焼香にお出で下さい

●3月11日(月)午後6時30分
●千年塔前広場(旧中浜墓地跡)


             【問い合わせ:0223-38-0320 徳本寺】

施餓鬼会(せがきえ)とウクレレ漫談

施餓鬼会せがきえとウクレレ漫談
 "彼岸会の先祖・水子の供養法要"

"親も子も仏の道に変わりなし 生きて彼岸を迎うしあわせ"(「彼岸御詠歌」より)

●9月23日(日・秋分の日)午後2時
●徳本寺本堂
●回向料 供養塔婆1本 3,000円

◇施餓鬼会(先祖・水子供養法要)
◇御詠歌奉詠
◇清興「ウクレレ漫談」  出演  ぴろき 

piroki.jpg

 【問い合わせ:0223-38-0320 徳本寺】

東日本大震災復興祈願法要

東日本大震災復興祈願法要

 復興と慰霊のまごころこめて―3.11その先へ―
徳本寺に江戸時代から伝わる大般若経600巻を大勢の和尚さんが転読扇のように広げて読む)して大震災からの復興を祈願します
大震災で亡くなられた方のご供養も行います
午後2時46分に鎮魂の大梵鐘が鳴り 追悼の御詠歌もお唱えします
●3月11日(日)午後2時
●徳本寺本堂
◇「震災と民話」 語り手:やまもと民話の会代表 庄司 アイ     
◇復興祈願法要
◇大震災物故者慰霊法要
●どなたでも参加できます

20180201_1.jpg

竹あかり追悼法要

 日本最大級の五輪塔「千年塔」前に たくさんの「竹あかり」を灯して
 大震災で亡くなられた方の追悼法要を行います
 みなさんでご焼香にお出で下さい
●3月11日(日)午後6時30分
●千年塔前広場(旧中浜墓地跡)

20180201_2.jpg
                    【問い合わせ:0223-38-0320 徳本寺】

施餓鬼案内

施餓鬼会(せがきえ)とバイオリン漫談
 "彼岸会の先祖・水子の供養法要"
 "親も子も仏の道に変わりなし 生きて彼岸を迎うしあわせ"(「彼岸御詠歌」より)
●9月23日(土・秋分の日)午後2時
●徳本寺本堂
●回向料 供養塔婆1本 3,000円
◇施餓鬼会(先祖・水子供養法要)
◇御詠歌奉詠
◇清興「バイオリン漫談」  出演  マグナム小林
 
20170822.jpg
            【問い合わせ:0223-38-0320 徳本寺】

日本大震災復興祈願法要

東日本大震災復興祈願法要
  復興と慰霊のまごころこめて―3.11その先へ―
徳本寺に江戸時代から伝わる大般若経600巻を大勢の和尚さんが転読(扇のように広げて読む)して大震災からの復興を祈願します
大震災で亡くなられた方は今年が7回忌 そのご供養も行います
午後2時46分に鎮魂の大梵鐘が鳴り 追悼の御詠歌もお唱えします
●3月5日(日)午後2時
●徳本寺本堂
◇DVD「祈りの道」上映
 昨年5月、曹洞宗の僧侶が、岩手・福島・宮城の被災地寺院を中心に、リレー形式
 で物故者の慰霊と復興祈願法要を営みながら行脚した記録映像。
◇復興祈願法要
◇大震災物故者7回忌供養法要
●どなたでも参加できます
201702top_12.JPG
            【問い合わせ:0223-38-0320 徳本寺】

施餓鬼会(せがきえ)と音楽漫談

施餓鬼会(せがきえ)と音楽漫談
 -彼岸会の先祖・水子の供養法要-

徳本寺は今から575年前に福島県梁川に創建されました。1616年開基家大條公の知行替えにより、現在の宮城県坂元に移転しました。今年でちょうど400年になります。その節目を記念して報恩供養も行います。
●9月22日(木・秋分の日)午後2時
●徳本寺本堂
●回向料 供養塔婆1本 3,000円
◇施餓鬼会(先祖・水子供養法要)
◇移転400年報恩供養法要
◇御詠歌奉詠
◇清興「音楽の時間」  出演  音楽漫談 のだ ゆき 
nodayuki.jpg
【問い合わせ:0223-38-0320 徳本寺】

新刊本

top_senwa.JPG

東日本大震災を語り継ぐテレホン法話集 第3集
テレホン法話28年1000話記念
震災前のこと 震災のこと 震災を超えてこれからのことを語り継ぐ 
序 章 千話への道
第一章 限りも見えぬ―お釈迦さまとの旅路
第二章 これから まだ、これから―震災後を歩む
表紙絵「徳本寺テレホン法話に宿る千体仏」(絵画:加賀尋)には 実際に千人が描かれています
『千話一話 ―3.11その先へ―』                 
早坂文明:著
定価 1,000円(税別)
お求めは書店もしくはコチラ
【参照】 ← クリック(新聞記事)

東日本大震災支援 やなせなな楽曲3部作 [ 動画 ]

東日本大震災から1年 20110711-4.jpg
「歌う尼さん」こと やななせななさんが被災
地などで歌い続けてきた大震災支援の歌の動画が Youtube で配信されています
動画を見ながら聴くと全身に感動が沁み入ります
―まけない わすれない あきらめない―
そんな想いでご覧下さい
 
 
 
『まけないタオル』 ―東日本大震災復興支援歌―
  http://www.youtube.com/watch?v=kJhadSWD3oU
『千年眠れ』 ―東日本大震災鎮魂歌―
  http://www.youtube.com/watch?v=Uvg6LNZeqM0
『ほんとうの空の下で』 ―「フクシマ」を想うとき―
  http://www.youtube.com/watch?v=5NF-T4L-4Kw
             歌:やなせなな  作詞:早坂文明  作曲:やなせなな

東日本大震災復興祈願法要

東日本大震災復興祈願法要
復興へ背中を押す大般若の風―3.11その先へ―
徳本寺に江戸時代から伝わる大般若経600巻を大勢の和尚さんが転読(扇のように広げて読む)して大震災からの復興を祈願します
大震災で亡くなられた方のご供養も行います
午後2時46分に鎮魂の大梵鐘が鳴り 追悼の御詠歌もお唱えします

tendoku.JPG

●3月6日(日)午後2時
●徳本寺本堂
◇高橋 厚トークショー 「りんごのきもち」

   りんごラジオ局長。元東北放送アナウンサー。東日本大震災の10日後に、山元町に災害FM局りんごラジオを立ち上げる。一昨年、病に倒れるも、驚異的回復力で現場復帰を果たす。

takahashisan.JPG


◇復興祈願法要
●どなたでも参加できます

【問い合わせ:0223-38-0320 徳本寺】