行事のご案内

怪談噺の会

 出演の柳家かゑるさんは、夏休みの子どもたちに落語を聴いてもらうことを目的に、全国の寺をオートバイで回ります。料金は投げ銭というユニークな試みです。(詳細は柳家かゑるさんのホームページをご参照ください)
 夏の夕方、お寺での怪談噺は子どもの良き思い出になることでしょう。保護者や一般の方の参加も大歓迎です。是非、真夏の夜のひととき、涼みにいらして下さい。                                             

 ●7月30日(土)午後5時
 ●徳本寺本堂
 ●料金:投げ銭
 ●子どもさん以外でも どなたでも参加できます
 
 

  詳細はコチラ(PDF)

                   【問い合わせ:0223-38-0320 徳本寺】

最近の記事

法話とピアノで茶話(さわ)やかに
第17回テレホン法話ライブ(2022)
おかげさまでテレホン法話36年 「36(ミロク)に会う」

第17回のテレホン法話ライブを 「テレホン法話を36年」継続できたおかげに感謝してお届けいたします いつもは電話でお聴きいただくだけですが 本堂でお茶を飲みながら ライブでテレホン法話を聴いてみませんか 3分間では伝えきれなかったことや裏話など ライブならではの本音トークです ピアノ演奏にのせて 未来仏である弥勒菩薩に出会えるような興味深い話題を 法話のスパイスにして語ります 法話に因んだ映像... [続きを読む]

徳本寺開基大條家ゆかりの茶室
復興クラウドファンディング

徳本寺を開かれた大條家は伊達家の流れを汲む。仙台藩主伊達政宗に請われて、藩の要職を勤める。そして2つの大きな功績を挙げる。ひとつは伊達家の世継問題の解決。その手柄により、茶室を拝領。一説には伊達政宗が豊臣秀吉から賜ったとも言われる茶室だ。もうひとつは、戊辰戦争の戦後処理に尽力し、廃藩の窮地を救う。大條家17代道徳の時。そのことにより、大條は伊達に復姓することになり、道徳は「伊達宗亮」と改名。その4... [続きを読む]

徳泉寺永代供養墓 一心塚

徳泉寺笠野墓地内に永代供養墓「一心塚」を整えました。この塚は東日本大震災の時、墓地内に堆積した砂です。墓石をなぎ倒し、骨堂まで抉った砂には、遺骨も混じっていたため、捨てずに境内の一角に仮置きしていたものです。この度改めて塚を築き、塚の中に骨堂を設置しました。大震災を象徴する塚でもあります。津波で流されても奇跡的に無事発見された徳泉寺の「一心本尊」に因んで、「一心塚」と名付けました。 永代供養墓... [続きを読む]