最近の話題

「徳泉寺復興感謝祭5DAYS」無事結願


苦節九年この度、全国のみなさまから寄せられた「はがき一文字写経」の功徳により、東日本大震災ですべてが流出した徳泉寺が復興できました。そのことに感謝する想いを込めまして、去る3月11日~15日にかけて「徳泉寺復興感謝祭5DAYS」を開催致しました。
折からの、新型コロナウイルス感染に配慮し、祭りの賑わいは控えましたが、県内外からお参りをいただき、おかげさまにて全日程を無事滞りなく修行することができました。ありがとうございました。
これからも、多くの方にお参りいただきたいところですが、まだ不穏なご時世ですので、世の中が落ち着きましたら、是非ご来山ください。
尚、5日間の催しの報告を兼ねた写真集「青空があるじゃないか」(A4版16ページ)を発刊いたしました。
【詳細はコチラ】

ご希望の方(先着50名)に無料でお届けいたします。下記までご連絡ください。(郵便番号・住所・氏名を明記ください)
【宛先】 bunmei@cocoa.ocn.ne.jp

最近の記事

あけましておめでとうございます

news image

新しい年も幸多いことをお念じ申し上げます。 何事も新しく始めるのは、勇気がいります。しかし、今年は子年で十二支サイクル(ネ・ウシ・トラ・・・)の始まりの年です。いつにも増して、新たなスタートと意識してみましょう。ネット社会になってから、「更新」という言葉が頻繁に使われるようになりました。新しく変えること、または改めて新しくなることを言います。口で言うのは容易いことですが、実際はエネルギーのい... [続きを読む]

あけましておめでとうございます

news image

新しい年も幸多いことをお念じ申し上げます。 平成最後のお正月、そして5月には新しい年号に替わります。何かと節目を意識する年になりそうです。 同じような毎日でも、一日一日は新しい一日で、しかも二度と戻ることはできません。その意味では、毎日を節目と思って、たいせつに過ごすことが何よりです。 10日に一度の更新とは言え、30年以上もテレホン法話を続けていると、節目を常に意識できるようになりました。こ... [続きを読む]

[新刊本]月を流さず ―和尚の語り草―

news image

10年間のテレホン法話ライブを紙上再現 [新刊本] 月を流さず ―和尚の語り草― 早坂文明:著 蕃山房刊 1,500円(税別) ケース付 電話で法話を伝えて30年。それを本堂でライブ再現して10年。そのライブとは、3分間の法話では伝えきれなかったことや裏話を、ピアノ演奏と映像を交えて語り継いだものです。ある意味、本音トークでもあります。 内容はカンボジア支援のこと、東日本大震災の被災状況から復興... [続きを読む]