最近の話題

徳泉寺復興感謝祭5DAYS



ご注意とお願い

3月11日~15日にかけての「徳泉寺復興感謝祭5DAYS」は、予定通り開催いたします。大震災で亡くなられた多くの方の無念を振り返り、復興のためにご支援をいただいた全国の方々に思いを馳せ、何とかおかげさまで、ここまで辿り着きましたということを報告することが、何をおいてもなさなければならない責務であると思い続けてきました。

9年前、想定外の大震災に遭い、今また想定外の新型コロナウイルス感染を憂慮しなければならないという巡り合わせになりました。納得できるはずはありませんが、受け止めなければなりません。

よって、万が一を想定し
●体調の悪い方
●軽症でも風邪の症状が出ている方
●感染する・させることに対して不安のある方
以上、お心当たりの方は、お参りをご遠慮いただきますよう、お願い申し上げます。

また、お元気で、コンサート等の参加に問題のない方でも、以下の注意点を必ずお守りください。
●現場でのこまめな手洗い(アルコール消毒)
●マスクの着用
●客席ではできるだけ距離を開ける(そのため 席数を限定することもあります)

全国どこにいても、感染の100パーセント予防は難しい現況と思われます。各自で体調管理等に留意されて行動されますよう、よろしくお願い申し上げます。合掌

〔期間〕令和2年3月11日(水)~15日(日)
    5日間毎日 午前10時より午後4時
    一般公開【各催し共 入場無料】

〔場所〕徳泉寺(宮城県亘理郡山元町高瀬字笠野140)
 
・東日本大震災で本堂等すべてが流出した徳泉寺は、全国より寄せられた「はがき一文字写経」によって再建できました。おかげさまと感謝の想いを込めて、5日間の特別公開・感謝祭を行います。
・流されても奇跡的に発見された「一心本尊」さまが安置されています。
・全国47すべての都道府県の人から寄せられた約2000枚の「はがき一文字写経」が、大本山永平寺の五代杉(一部一般杉)に印字され本堂内に奉納掲示されています。
 
 
詳細はこちら

最近の記事

あけましておめでとうございます

news image

新しい年も幸多いことをお念じ申し上げます。 何事も新しく始めるのは、勇気がいります。しかし、今年は子年で十二支サイクル(ネ・ウシ・トラ・・・)の始まりの年です。いつにも増して、新たなスタートと意識してみましょう。ネット社会になってから、「更新」という言葉が頻繁に使われるようになりました。新しく変えること、または改めて新しくなることを言います。口で言うのは容易いことですが、実際はエネルギーのい... [続きを読む]

あけましておめでとうございます

news image

新しい年も幸多いことをお念じ申し上げます。 平成最後のお正月、そして5月には新しい年号に替わります。何かと節目を意識する年になりそうです。 同じような毎日でも、一日一日は新しい一日で、しかも二度と戻ることはできません。その意味では、毎日を節目と思って、たいせつに過ごすことが何よりです。 10日に一度の更新とは言え、30年以上もテレホン法話を続けていると、節目を常に意識できるようになりました。こ... [続きを読む]

[新刊本]月を流さず ―和尚の語り草―

news image

10年間のテレホン法話ライブを紙上再現 [新刊本] 月を流さず ―和尚の語り草― 早坂文明:著 蕃山房刊 1,500円(税別) ケース付 電話で法話を伝えて30年。それを本堂でライブ再現して10年。そのライブとは、3分間の法話では伝えきれなかったことや裏話を、ピアノ演奏と映像を交えて語り継いだものです。ある意味、本音トークでもあります。 内容はカンボジア支援のこと、東日本大震災の被災状況から復興... [続きを読む]