一心通心 -徳泉寺復興の歩み- 一心本尊さまからのお便りということで、「一心通信」とすべきところ、一心に写経いただいたみなさまと一心本尊さまが心を通わせながら、一日も早い復興を願うという意味も込めて、「一心通心」と名付けました。折に触れ、発信してまいります。

お尋ね致します 2018年8月27日

 平成25年11月2日に「はがき一文字写経」申込みフォームより、お申込みをいただいた福岡県の深町様に写経要項等を郵送致しましたが、「あて所に尋ねあたりません」ということで返送されました。お手数ですが、もう一度詳しい住所をお知らせ願います。

納経申込み状況 2018年8月27日

平成30年8月10日現在 2,186件(7,239口)の「はがき一文字写経」の納経申込みをいただいております。総額3,619万円を超える納経志納金が寄せられました。ありがとうございます。

東日本大震災から丸7年5カ月が過ぎました。町には大津波の後、少子高齢化という波が押し寄せています。それにめげずに、様々な町の整備は進んでいます。徳泉寺の復興は、先ず現在を見据えて、基礎を整えていきます。将来の避けては通れない問題も想定できますが、一心本尊さまの下に集えば、何とかなると楽観視しています。今後とも、よろしくお見守り下さい。

徳泉寺の新本堂客殿の大工工事開始 2018年8月27日

7月24日(火)客殿の大工工事が始まりました。現在は屋根に瓦があがった状態です。10月頃までには、ほぼ完成し、その後、本堂工事に着工します。来春にはすべて完成する予定です。諸般の事情により、予定より大幅に遅れてしまいましたが、少しづつ形が整っていく過程を、焦らず期待を込めて見守ってまいります。

  20180827_1.jpg

  20180827_2.jpg

  20180827_3.jpg

「徳泉寺復興について」河北新報に記事掲載される 2018年8月27日

8月11日河北新報一面に、「被災寺院再建への苦悩」という特集の中で、徳泉寺の復興が紹介されました。檀家さんも被災し、離散するなどで被災寺院は、資金の問題から再建が難しい。そのような中で、徳泉寺は「はがき一文字写経」による全国からの支援により、再建着工にたどり着いたという内容の記事です。

お尋ね致します 2018年5月7日

  平成25112日に「はがき一文字写経」申込みフォームより、お申込みをいただいた福岡県の深町様に写経要項等を郵送致しましたが、「あて所に尋ねあたりません」ということで返送されました。お手数ですが、もう一度詳しい住所をお知らせ願います。

1 / 1612345...10...最後 »