法話 〜3分間心のティータイム〜イメージ

【第864話】 「おもかげ時間」 2011(平成23)年12月21日-31日

再生ボタンをクリックすると 住職が語る法話を聴くことができます

法話の再生864.mp3



20111221-3JPG.jpg お元気ですか。3分間心のティータイム。徳本寺テレホン法話、その第864話です。

 辞書にはありませんが、「日にち薬」という言葉は使われています。悲しいこと辛いこと苦しいことは、一日や二日で癒されるわけもなく、ある程度の日数が必要だということでしょう。今年一年を振り返る時、何をおいても東日本大震災を思わないわけにはいきません。ほんとうに悲しく辛い出来事でありました。これからもまだまだ苦しい日々を避けることはできないでしょう。時間がすべてを解決するとは言いませんが、季節が移ろうように、時が経てば心もちも何がしか変わることはあります。

 今年は大震災以来、日にちの意識が違うような気がします。3月11日はどうしても命日であるという意識になってしまいます。亡くなって四十九日だ百か日だという思いを持って、その日を迎えました。その後も毎月11日という日は、月命日ということで、犠牲者のご遺骨にお参りする方が一段と多かったのです。

 年が明けて1月4日は大震災からちょうど300日目にあたります。この間「あれから何日目」ということを、忘れずに過ごしてきたことでしょう。あの頃の笑うことさえ不謹慎のような重苦しさからは、幾分解放されてきています。「日にち薬」の効能が表れても不思議ではありません。時間の有り難さを今年ほど感じたことはないかもしれません。そんな思いでいる時、河北新報社が大震災に因んだ「ありがとうの詩(うた)」を募集していることを知りました。締め切り間際に応募したところ、図らずも460作品の中から「優秀作品50選」に選定されました。

 それは『おもかげ時間』というタイトルの3番まである歌詞です。大切な人を失い、普通の生活が普通でなくなり、忘れ難い想い出の数々が流され、故郷の景色は変わり果ててしまいしました。あれから人々は茫然として、ただ面影を追う日々を送るしかありませんでした。しかし、泥にまみれた瓦礫が取り除かれた大地に立った時、自分の影がちゃんと大地に映っていることに感動しました。面影ではない本物の自分の影がちゃんと確認ができるのです。それは生きているという証でもあります。

 無くなった人や物には、影は生じません。人の心に面影として思い起こすことができるだけです。大地の影は生きていればこそです。そう思えるのも、この300日余りの悲しく辛い日々を、面影と向き合いながら、時に涙し、時に励まされてきたからでしょう。時間は確実に流れました。有り難くも生きている実感を取り戻させてくれました。酒井大岳さんの言葉に「あせらずに悲しみ いそがずに苦しみ ゆっくりと『おかげさま』へ」というのがあります。今年の悲しみ苦しみをすべて流し去ることはできません。でも、年が明けたら少しずつ、「面影のおかげさま」と思えるようでありたいものです。みなさま良いお年をお迎え下さい。

 それでは又、来年1月1日よりお耳にかかりましょう。

法話のご案内 一覧