法話 〜3分間心のティータイム〜イメージ

第749話  「申し子たち」(2008.10.11-10.20) 

 今から25年前、野球の申し子のような二人の少年が運命的な出会いをしました。二人共、ピッチャーとしての素質もバッターとしてのセンスも、人並み以上のものがありました。しかし、ひとりは相手の投げる球を見て、こんなすごいピッチャーがいるのかと驚き、ピッチャーになることをあきらめました。もうひとりは、相手のバッティングを見て、とても敵わないと思い、ピッチャーとしてやっていくことを決心しました。

 ピッチャーをあきらめた選手の名前は、清原和博。バッターよりピッチャーを選んだ選手の名前は、桑田真澄。こうして二人はPL学園で、1年生から4番打者、エースとして活躍。高校時代の甲子園に、5回連続ですべて出場し、二度の優勝、二度の準優勝を果たしました。

 清原選手の甲子園通算13本塁打は、最多記録ですし、桑田選手の甲子園通算20勝は戦後最多です。その上、清原選手は甲子園でも、プロになってからも何度かマウンドを踏んでいますし、桑田選手は甲子園で6本もの本塁打を放っていますが、これは清原選手に次いで2番の記録です。

 しかし、運命の出会いは、運命の別離を用意していました。高校卒業時、巨人ファンだった清原選手は巨人入りを熱望。当然巨人からも指名があると思っていました。結果は皮肉にも、大学進学を表明していた桑田選手が巨人から指名され、清原選手は悔し涙で西武に入団。

 彼はその涙をバネに、打率304、本塁打31本で新人王を獲得。翌年は、日本シリーズで因縁の巨人を破って、涙の日本一に輝きました。10年後FA宣言で、憧れの巨人に入団するも、怪我などに泣くこともしばしば。それでも大舞台での勝負強さは光っていました。桑田選手とて、巨人での活躍に満足することなく、果敢なるチャレンジ精神で、大リーグ入りも果しました。

 運命の別離でお互いを避けるのではなく、アイツがいたからこれまで野球ができたと思い合ってきた二人。野球の神様がこの二人に授けたもう一つの才能は、どんな不遇にあっても、恨まず相手を思いやり、向き合っていく心の広さではなかったのでしょうか。ある人が言いました。"才能とは、逃げ出さないこと"

 奇しくも二人は、今年現役を引退しました。同級生が20年以上プロ野球の現役を続けたのは史上初だそうです。野球の神様は二人にこんなことを言うかもしれません。「野球の申し子と言われ、長い間の活躍ごくろうさま。もう仕事をしなくていいから、ゆっくり休みなさい。」

 その桑田選手が、当世寺子屋講座にやって来ます。10月25日午後2時、山元町中央公民館大ホールです。

 それでは、又10/21よりお耳にかかりましょう。(ホームページ「行事のご案内」を参照)

法話のご案内 一覧